鉛筆の芯で !!

ミカンの皮の早むき」について

ミニチュア彫刻で有名なAlavat Fidaiさんが今回選んだ素材は鉛筆。一つの鉛筆からつくったとは思えない複雑な造形の作業工程を一挙公開。  ※音声なしの映像 


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/aflo/44122 


鉛筆の芯を長く出して線を入れたり模様を描いているので、この芯で何かを描くとおもしろい模様ができるのかと思って見たいたら、何と芯そのものが芸術作品だった。 

芯の硬さはどのくらいだろうか。余り柔らかいと削っているうちに折れてしまいそうだし、かといって固いと模様を彫るのが難しい。太さも、私の身の周りにあるような6Bなどの類いではなく、美術用の特殊な鉛筆に違いない。

早送りとはいえスムーズに削っていくワザもすごい。    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック