青山学院大 5連覇ならず

伊調選手復活」について

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 (箱根駅伝) は3日、神奈川・箱根町―東京・大手町の復路5区間109.6キロが行われ、東海大が往路2位から逆転して初の総合優勝を果たした。  ~  

厚い包囲網が、原監督の判断を狂わせた。青学大は往路で1位・東洋大と5分30秒、2位・東海大と4分16秒の大差をつけられて6位。復路1位で一矢報いたが、総合優勝の東海大との差は3分41秒。往路の出遅れが響いた。原監督は 「力負けでなく、采配ミス。往路重視の配置にすべきだった」 と悔やんだ。


層が厚く、復路の顔ぶれも充実していた青学大に対し、東海大と東洋大は往路重視で先行する布陣とした。復路は向かい風を受けながら単独で走る厳しい条件になることが多い。ただし、トップに立てば、自分のペースで走れることに加え、前を行くテレビ中継車が風よけの役割を果たしてくれるメリットがある。昨年までは当たり前だった恩恵を失った青学大のアンカーの鈴木は 「中継車の後ろでないと、風が厳しかった」 とこぼした。

過去4年間、打つ手が次々と当たった原監督は 「駒大や帝京大もいて、他校は後半も強いのではと考えてしまった。どこのチームを意識すべきかで、私の狙いがぶれた」 と嘆いた。 


テレビ中継を見ていて、選手を先導するバイク2台が選手の直前すぎて走りを邪魔しているような印象を受けたが、それに対して選手は何もいっていないので、ちゃんと距離を計算して走っているに違いない。事前に速度を練習していたようだから、そこは抜かりなくやってたいるのだろう。 

何はともあれ選手を初め関係者の皆様、そして沿道で応援している皆様、お疲れさまでした。お正月の風物詩で、多分冬の季語にもなっているのだろう。   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック