“天才” は年々年少化している

将棋の世界で藤井聡太7段が最年少で記録を次々と塗り替えたが、今度は囲碁の世界で小学4年生の仲邑菫 (なかむら・すみれ) さん (9) が4月から囲碁のプロ棋士になることが決まった。すごい   日本の子どもたちの天才っぷり 


ことし4月に史上最年少で囲碁のプロ棋士になることが決まった大阪市の小学4年、仲邑菫さんと井山裕太5冠(29)=本因坊文裕(もんゆう)=の記念対局が6日、井山5冠の出身地の東大阪市役所であった。井山杯新春囲碁フェスティバルの一環で、仲邑さんが昨年、小学生の部で優勝したことから企画された。1階ロビーで大勢の来場者が見守る中、大熱戦となり、勝敗を決しないまま170手で対局を終えた。

手合はハンディ戦の中では最小の先番コミなし。仲邑さんが右上隅星に第1手を打ち、対局が始まった。中盤まで仲邑さんが押す展開になったが、井山5冠が優勢に転じたところで開始から約1時間20分が過ぎ、引き分けで終了した。 少し緊張の小4菫さんは 「強い」 と舌を巻いた  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック