スーパーボランティアの尾畠さん 人の命にはかえられぬ

緑色の花粉」について

“スーパーボランティア” 尾畠さん涙の断念…東京から大分まで歩く旅 「人の命にはかえられない」 との見出しに “スーパーボランティア” として知られる尾畠春夫さんが東京から大分まで歩く旅に挑戦していたので、尾畠さん自身の体調不良かと思ったが、そうではなかった。 

静岡から愛知に間もなく入るということで取材をしたところ、1人でリヤカーを引き、歩き続けるスーパーボランティア尾畠春夫さん、79歳の姿は意外な場所にあった。 
 
1月19日、東京を出発した後、大分の自宅までのおよそ1,100キロをテントで寝泊まりしながら旅を続けてきた。尾畠さんは、歩いているとのウワサを聞きつけ集まった住民たちが求めるサインや写真にも応じていた。

当初はキャリーカートに簡易テントなどを積み込んでの旅だったが、途中で差し入れられたリヤカーには、住民たちからの差し入れが山積みになっていた。 尾畠さんは 「楽しみはみなさんとの出会い。一期一会ですかね。みなさんとたくさんお話をさせていただきたい」 


そんな中、まもなく尾畠さんが愛知県にやってくるとの情報が入り、愛知県豊橋市でリポートしようと記者が待ち構えていた。

(記者リポート)
「静岡との県境に着きました。小さな川をはさんで東側が静岡、西側が愛知ということでこのあたりで尾畠さんを迎え入れたいと思います」 御年79歳…。尾畠さんの足取りをとめないよう、あくまでじっと待つことにした。

(記者リポート)
「けっこう車通りはあるんですが、歩く人の姿は全く見られませんね…」

リアルタイムな情報をつかむため、ツイッターでも検索してみたが、有力な手がかりは得られない。実は尾畠さんの姿が、24日から確認できなくなっていた。

そんな中、大分・日出町で25日、FNNの取材班が尾畠さんに接触することができた。尾畠さんは、既に大分の自宅に帰っていた。

尾畠さん:
「帰ってきたばっかりでな。ちょっと寝てから休憩すりゃいいのにと思うかもしれんけど、次のボランティアで使うものを準備したり目についたことをすぐせんと気が済まん」
次のボランティアに向け、準備を整えていた。

尾畠さん:
「体力的な疲れはないけどね。精神的な疲れはなかなか抜けないね


“精神的な疲れ” とは、一体何があったのだろうか。 

尾畠さん: 「24日の午後。日曜日に歩いたら地元の方やら通行人が集まってるのを見て、車を左側にずっととめて、ハザードをつけて交通渋滞になって。いつ事故が起きてもおかしくないなと思って、今回はここで一応旅を打ち切って身を引いた方がいいなと思って。だから誰にも知らせずにスッと身を引いたんです」 

静岡県内を歩き続けた尾畠さんを一目見ようと住民たちが次第に殺到し、警察も出動する騒ぎに…。見物に来た人たちが事故に巻き込まれてはいけないという思いから、志半ばで旅を断念したのだった。 

娘夫婦の車に乗せてもらい大分まで戻ったという尾畠さん、家の中にはリヤカーに積んでいたたくさんの差し入れがあった。

尾畠さん:
「皆さんからたくさん支援物資やお声をいっぱいいただいて、身に余ることをいっぱいしてもらって、感謝の気持ちでいっぱいですけど。人の命にはかえられんから、人の道、仁義として (人命を) 守るべきやなって。皆さんからもらった…励ましの言葉をもらったのに…途中でもうやめて逃げ帰ったみたいな状態だったけど。途中でやめてしまって本当に申し訳ないなって気持ちでいっぱいだけどね。私は受けた恩は絶対忘れないから必ず何かの形で、恩返しはさせてもらいたいなと思ってます」 


尾畠さん自身に体調の変化があったのではないことに安堵した。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マスコミの取材 あれこれ

    Excerpt: 「スーパーボランティアの尾畠さん 人の命にはかえられぬ」について 19日、実刑判決が確定した男が神奈川県愛川町で逃走した事件を取材していたテレビ朝日のヘリコプターでエンジントラブルが起き、国土交通.. Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-06-20 23:59