猫猛ダッシュ、後ヘロヘロ

猫の注文に応じる店員の神対応」について

駅の反対側に用事があって夕方出掛けた。 

突然左側の駐車場から猫が飛び出してきた。何かに追われていたのだろうか、私の姿は目に入らなかったらしく、そのままスピードを増して4車線の道路を渡り切った。 

上り線の車は多少徐行して猫も車も難を逃れた。反対車線は信号で車が通らなかったのか、とっさのことでわからないが、私はその後の猫が気になって反対車線にたどり着いた猫の姿を目で追ったら、木の根元でうつろな目をしてへたり込んでいた。  


私の目の前に出てくるときには、既に何かに追われて逃げてきたのだろう。かなり広い駐車場を突っ切って、さらに私の歩いている歩道を突っ切り、たまたま目の前の道路の車が途切れていたからそこも全力で突っ切ったのだろうが、運のよい猫だ。   その後、ずっと車が列をなして走っていた。

猫は、全速力でどのくらいの距離を走れるものだろうか。  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック