しつけのための「暴力」は必要

しつけの意味」について

三重県鈴鹿市のショッピングセンターで小学2年の男子児童 (8) の顔をたたいたなどとして、トラック運転手の男が逮捕された。

逮捕されたのは津市のトラック運転手の男 (43) で、19日午後6時頃、鈴鹿市庄野羽山のショッピングセンターで、小学2年の男子児童 (8) の左ほほを平手打ちした疑いが持たれている。男がトイレの個室に入っていたところ、隣の個室にいた男子児童が壁と天井の隙間から濡れたトイレットペーパーを投げ込んだ。

男は男子児童の胸ぐらをつかんで個室から引っ張り出し犯行に及んだということで 「カッとなってやった」 と容疑を認めている。これは単なる男の 「暴力」 ではなく、大人としての必要なしつけだと思う。何でもかんでも暴力で片づけないでほしい。   


トイレットペーパーがぬれていたのは何の水分だったのか。自分が排泄した汚水なのか、便器にたまった水なのか、非常に気持ちが悪い。どちらにしても失礼極まりない行為だ。こんなことを単なるいたずらとして許しておいてはいけない。この男性に感謝こそすれ、訴えるなどということのないように、常識を持ち合わせた親であってもらいたい。 

こういう児童をふやさないように親も学校も社会もきちんと対応しなければならない。 


  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック