ついに東京にも桜の開花宣言

家の中でも花粉が舞う」について

午前中、ついに開花宣言が出された。みんな待ちに待った本格的な春が来たと喜んでいるが、私は喜べない。春や夏は永久に来なければよいのにと思う。へそまがりのようだが、春になると、ぞろぞろといろいろな虫が出てくる。   夏は暑くて毎年よく生き抜いたと自分で自分をほめるほど、暑さに弱い。 


そうはいっても花も虫も見るのは大好きだ。  

虫が飛んでくるとキャッと逃げ回っている私が虫に関する本を書いたものだからみんなは不思議がる。でも虫に手は触れていない。長いときは数時間じっと観察しているだけの本だ。題して 「嫌いな虫も時には友だち」 今は中古本でしか買えないが、この中古本がすごい値段だ。2冊はほぼ定価の1,200円だが、もう1冊は何と7万1,008円だって    売れるはずのない値段で出品するのって、どういう意味があるのだろう。 

ここら辺の事情を知りたいわあー ご存知の方、いませんか。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック