少子化になったのは連休をふやしたせいに違いない

今月末から5月にかけて10日間の大型連休になる。若い人は海外旅行が楽しめるなどと計画を練っている人たちがいるだろう。 

しかし、現実には医療機関の長期休診や、保育園ではスタッフを調達して長い休暇中の保育に対応するとか、学校では授業が足りなくなるとのことで連休中に授業をしないかわりに夏休みを短くしたり、大学では学生が就職活動で多忙な夏休み中の授業は難しいことから、10連休中も授業を続けるケースが目だっているという。 

今回は代替わりという慶事があるために超大型連休になったが、そもそも休日と休日の間は休みにするという法律が制定されたことによる。そのような決まりができてから長い月日がたった。 

私は、現在の少子化の傾向は、これによって連休がふえたことにあると思っている。独身の若い人は旅行に行き、スポーツなどを必要以上に楽しむ。世帯を持つ若い人たちも、子どもを育てるよりも自由に夫婦で楽しみたいと思う人がいる。 

このような若い人たちが、将来の自分たちの年金は不安だと現在年金を受給している高齢者を目の敵にするのはどうかと思う。自分たちの年金が不安なら、それを支える子どもたちを育てなければならない。 

休日はもともとのカレンダーどおりに変更したほうが絶対によい。だれがどういう目的でこんな法律をつくったのだろう。

   
国民の祝日に関する法律第3条第3項に規定する休日(例)

前日と翌日の両方を「国民の祝日」に挟まれた平日は休日
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 10連休中は全て休日ダイヤ

    Excerpt: 「少子化になったのは連休をふやしたせいに違いない」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-04-19 20:34