教師が黒板にいじめを促す書き込み

いじめ防止対策推進法」について

長年問題視されながら、減ることのない学校でのいじめ問題。苦にした学生の自殺も多く、社会問題化している。事案がなかなか減らない要因の一つに、教師の 「対応のまずさ」 がある。

見て見ぬふり、放置するなど、教師のいじめに対する対応が問題視される中、あり得ない事案が福島県の中学校で発生した。


■黒板にいじめを促す書き込み
事案が発生したのは昨年10月。48歳の教師が授業中、中学3年生の男子生徒が整髪料をつけ過ぎていたことをとがめ、注意を与えた。

その後教師は、何を思ったか黒板に 「○○(実名)が調子に乗っているから、みんなでいじめよう」 と書く暴挙に出た。揶揄された生徒のショックは計り知れないものがあっただろう。

教師にいじめを促され、傷ついた生徒を救ったのは学校長。校舎を巡回していた際に書き込みを発見し、直ちに消すよう指導した上、謝罪を促した。


■生徒は不登校に
教師は不適切行動後、生徒に謝罪を入れた。一度は受け入れた生徒だが、その後間もなく不登校となり、1月から2月は全休。卒業式も出ないまま、中学生活を終えた。

許しがたい行動の動機は何だったのか。教育委員会の調べに対し 「生徒と信頼関係があり、冗談で書いたつもりだった」 などと述べているという。  これを冗談ととらえる教師の幼稚なことに驚く。同時に、その後不登校となり、卒業式にも出られなかった生徒に対する責任は感じないのか。 

そして事態を把握した福島県教育委員会は、この教師を減給6カ月の懲戒処分にした。依願退職など予定はなく、今後も教師を続けていく模様だ。 

こんなことが学校現場で横行している現状を 「いじめ防止対策推進法」 に書いたように、いじめで子どもを失った遺族の気持ちを踏みにじるものだ。この改正案に反発するのも当然だ。 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック