障害者施設に 「反対は差別」 と申し立て

また弱者いじめ 障害者施設」について

障害者施設に 「反対は差別」 全国初の紛争解決申し立て、横浜


横浜市に開設予定の知的障害者や精神障害者のグループホームに近隣住民が反対するのは差別に当たるとして、運営会社と入居予定者の家族が24日、市に紛争解決のための相談対応とあっせんの申し立てを行った。2016年施行の障害者差別解消法を基につくられた市の条例による手続き。同様の反対運動は各地で起きているが、内閣府などによると申し立ては全国初とみられる。市の担当者は 「対応は検討中」 としている。

国は精神障害者らが隔離された施設や病院ではなく、地域で暮らせるようにする方針を打ち出している。少人数のグループホームは重要な受け皿で、横浜市の対応が注目される。 


都内でも児童養護施設の予定地の近隣住民が反対していたが、あれはどうなったのだろう。児童養護施設の出身者が問題行動を起こしたことがあり、それをおそれ、また地価が下がることを懸念してだと思う。 


自身の身内や友人が利用する運命になることもある。どのような障害だって、我が身に起こったとしたらと考えて、地域で温かく見守ることはできないのだろうか。誰も好きで障害者になったわけではない。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック