北海道で39.5度 !!

あの人、死んでるかもしれない」について

きのうは全国的にことし最大の猛暑日となった。東京では32.6度だったが何と北海道の佐呂間町では39.5度だった。  駅前に設置されている温度計が、ついたり消えたりする珍現象が置きたそうだ。 40度を超すとシステムダウンし、少しダウンしているとまた復帰するという。現地の人も、40度近くまで気温が上がることは経験がないだろうから、通行人が 「消えている。 …… あ、ついた  」 と、おもしろがってスマホをかざす人たちが大勢いた。 

私はというと、もともと体温が低いので、ほんわかと温かくて気持ちがよい1日だった。  

テレビでは熱中症予防のためにエアコンを使うようにと連呼  しているが、私はことしもさほどエアコンの出番はないのかもしれない。うっかりエアコンをつけると風邪を引く。  昼夜逆転の生活とも関係があるかもしれない。  

外出するときは、それなりの下着もつけて、それなりの服装をしなければならないので、なるべく外出の機会を少なくすることが私の猛暑対策だ。   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 梅雨寒から夏の気温に

    Excerpt: 「北海道で39.5度 !!」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-06-16 20:41