虐待と間違えるような

189 いちはやく通報」について

朝8時過ぎ、母親らしき女性のヒステリックな声が聞こえた。 「○×△※……いってるでしょう。○×△※……何でわからないのよ○×△※…… ○×△※…… ○×△※…… 」 このようなどなり声が5分以上も続いた。 

公道での出来事だから、虐待でないことは確かだ。 私にはわかる。子育て中は、思うように子どもがいうことを聞かなくていらいらすることがある。 

数カ月前、同じ親子にこのような騒動があった。そのときは男の子が母親の剣幕に、ただワアワアと泣いていた。今回は男の子は黙っていたのか小さい声で反抗していたのか、家の中で聞こえただけなのでわからない。しかし、叱られても黙って聞いていたとすれば、随分成長したものだ。   


また北海道で虐待死事件が起こった。今回は全て児相の無責任な対応で2歳の女の子が天国に召された。ここ一、二年に起きた児童の虐待死は、ほとんどが児相の不手際によるものだ。忙しいからとかばう人たちもいるが、だからといって子どもの命が粗末にされてはかなわない。ろくに食事も与えられず、水風呂に入れられ、殴られ、蹴られ、アイロンでけがをさせられ、等々の暴力から逃れられたと拍手を送るのは余りにもむごい。 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック