何につまづいたの

先日病院に行ったとき、廊下の待合椅子に座って待っていた。治療を終えたお年寄りが目の前の入り口から出てきた。 

突然前のめりになって転びかけた。思わず中腰になってその人の左腕を支え、私の横に座っていた男性が抱きかかえた。 

その後、支払い手続のために2人は受付に向かった。向かいながら、多分息子らしい男性が 「何につまづいたの」 と聞いていた。今どき逆転年の差カップルが多いから決めつけられないが、がっちりとした体系で一見すると怖そうな男性だが、優しい口調で聞いた。 

病院の床は特につまづきそうな物はなく、多分、滑りにくい床の材質に靴の先が引っかかったのだろうと思う。

会計を待ちながら、女性は血圧を測り始めた。すると息子らしき人は、左手で母親らしき人の髪の乱れを丁寧に1本ずつ直していた。 見かけによらず優しい。   立っている彼には母親の髪の毛の薄くなった部分が目にとまったのだろう。 

優しく、親孝行な息子にほのぼのとした。    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック