守谷絢子さんが懐妊

令和皇室がスタートして3か月、おめでたいニュースが飛び込んできた。高円宮家の三女である守谷絢子さん(28歳)が懐妊したという。

「娘思い」で知られた高円宮さまが亡くなられたのは2002年。47歳という若さだった。飾らず気さくな性格で、いつも国民と皇室とをつなぐ接点になることを願われていたという。そんな高円宮さまが、天皇陛下と雅子さまの“橋渡し役”になられていたことは、よく知られたところだ。

1986年、当時の東宮御所(現・赤坂御所、東京・元赤坂)で、来日するスペインのエレナ王女を歓迎するレセプションが開かれた。当時、父の小和田恆(ひさし)氏が外務省幹部だったため、雅子さまも招待されていた。 


今、秋篠宮家の眞子さまのご結婚でゆらいでいる皇室に、明るい話題でよかった。皇室ゆかりのお子さまの誕生は、何か幸先のよいことをもたらせてくれそうな気がする。結婚のおめでたもよいが、お子さまが生まれるということは、さらにその上をいく喜びだ。年内に出産予定だそうで、母子ともにお元気なニュースを心待ちにしている。   





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント