高速道路上のトラブル あおり運転

車載カメラが一部始終を捉えていた。高速道路であおられたという男性は無理やり車を止めさせられ、顔を何発も殴られた。

視聴者が投稿した高速道路上のトラブル。前の車から降りてきた男性が窓越しに運転手の男性を殴りつける。殴られた痛みに顔を押さえる男性だが、前の車の男性による殴打はさらに続いて2発目で流血、計5発も殴る様子が映っていた。殴られた男性によると、この前に前の車によるあおり運転があったという。 

茨城県常磐自動車道。10日、勤務先に向かう男性を追い抜いていったドイツ製の白いSUV (スポーツ用多目的車)。約1分後、再び現れたSUVは道を譲るのかと思いきや衝突寸前のタイミングで割り込もうとする。この後、SUVの運転はエスカレート。前に割り込んでランプを点滅させる。避けようと車線変更すると前で蛇行運転。斜めに止まって車線をふさぐ。SUVには窓から身を乗り出す人影が。殴られた男性によると、こう叫んでいたという。

殴られた運転手の男性は「『降りてこい』『殺すぞ』と叫び、真ん中車線に無理やり停車させられた」
その後も、進路をふさぐような動きを見せたSUV。しばらくして降りてきたのは、携帯電話を構えた女性と青っぽいジャケットに白のパンツ姿の男性。窓から手を突っ込んで運転手の男性を引きずり出そうとする。抵抗するものの上に引っ張られた拍子に車が少し前に出てしまう。その直後、SUVの男性が運転手の男性の顔を殴り始める。その時の 殴られた運転手の男性は 怖かったですね。いきなり全く顔も知らない人だったので。いまだに歯とかあごは痛いですね」

この男性も窓をあけなければよかったのに、そうはいかない事情があったのだろうか。

最近この手の悪質な高速道路上でのあおり運転や抱こう運転などが多い。何が目的でこのような危険行為をするのか解せない。重大な交通事故につながるこれらの行為は、徹底的に取り締まり、厳罰にしなければならない。死刑とまではいわないが、年齢を重ねてこれらの乱暴がはたらけなくなるくらい、30年でも40年でも刑務所に入れて世の中のためになる仕事を無料でさせるしかない。 

   
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190812-00000054-ann-soci

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント