AI(人工知能)が誘拐犯を突きとめた

中国広東省(Guangdong)で3歳の時に誘拐された男性が、19年ぶりに両親と涙の再会を果たした。両親はほぼ全ての財産を費やして捜してきたが、最後は警察が企業と連携してAI(人工知能)を駆使して見つけ出した。

誘拐事件が起きたのは2000年12月28日。深圳市(Shenzhen)羅湖区(Luohu)で徐さん夫婦の当時3歳だった息子が誘拐され、20万元(現在のレートで約310万円)の身代金が要求された。警察が捜査を開始すると、息子も誘拐犯もこつぜんと姿を消した。

その後19年間にわたり、徐さん夫婦は息子を捜す長くつらい旅に出た。近くは広東省の恵州(Huizhou)、東莞(Dongguan)、汕頭(Shantou)、汕尾(Shanwei)から、遠くは北京、上海、河北(Hebei)、山東(Shandong)、湖北(Huibei)、福建(Fujian)まで。夫婦は息子の写真を持参し、人の集まる場所に行っては 「腕にあざのある子どもを見たことがないか」 と聞いて回った。

徐さん夫婦は所有する2件の不動産を売却し、ほとんどの貯金を使い果たした。数年前には、テレビ番組で行方不明の子どもを捜すホームページがあると聞き、すぐに登録。警察にはDNA鑑定用の血液サンプルを夫婦で提供した。インターネットでもメッセージを発信し続けた。

深圳市羅湖分局も長年、捜査を続けてきた。画像制作の専門家に依頼し、息子が成長した年齢に合わせた顔の画像を作る取り組みもしてきた。

ことしに入り、公安省と広東省公安庁の指示に従い、児童誘拐事件の捜査が強化された。警察はIT大手会社の騰訊(テンセント、Tencent)と協力し、同社のAI技術を使い、「夜明けの光」と名づけた誘拐問題解決プロジェクトを実施した。半年間にわたり、広東省内の6都市で100以上の情報を一つずつ分析。その結果、恵州市で息子の条件とほぼ一致する男性を発見。DNA鑑定を経て、誘拐された息子であることが確認された。  


両親が私財を投げ打って16年間も探し続け、さらにはAI技術を使って恵州市で息子の条件とほぼ一致する男性を発見した。DNA鑑定を経て、誘拐された息子であることが確認されたことは本当によかった。親子が元気で再会できたことは何よりだ。   

「夜明けの光」と名づけた誘拐問題解決プロジェクトを半年間にわたり実施して突きとめたことはすばらしい。最新技術がこのように使われる実例を聞いて、頼もしく思う。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント