お釣りは取っといてくれたまえ

友だちに、生協で安く買えるという品を買ってもらった。品物がなかったり彼女と会う機会がなかったりで、2カ月近くたってようやく手に入った。

ボランティア定例会の最中で、隣り合った彼女とひそひそとやりとりした。メモに値段が書いてあったので、小銭を探して 「お釣りは要らないよ。とっといてくれたまえ」  と渡したら、確かめた彼女が 「お釣りどころか足りないよ」 と笑った。確かめたら50円玉が1個足りなかった。 いやはや、はっきりいってくれる人でよかった。  

返り道、同じ施設で活動している人たちと忘年会はし損なったから、みんなの都合のよい日に新年会をやろうという話になった。世間では忘年会はやりたくないという話で盛り上がっている最中に、私たちは気心の知れた仲間だから 「うん、しよう、しよう」 と前向きな気持ちで盛り上がっている。義理でない仲間との集まりは、忘年会だろうが新年会だろうが、単なるお茶会だろうが、何か名前をつけて楽しむものだ。 

数十年前の男性が理由をつけて 「飲み会」 をやったようなものだ。いまやオトコもオンナも理由をつけて会食できるよい時代になったものだ。  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント