丸まればぴったり



丸まればぴったり

ネコの箱好きの噂は、大型のネコ科動物においても一緒だった。ネコ科の動物は、捕食動物から隠れたいという本能的な欲求によって、箱に入り込んでしまうらしい。しかし、ジャガーは、自身が捕食動物であるのに、なぜ段ボール箱に入ってしまうのだろう。

単純に答えると、おそらく快適に眠れる場所が欲しかったのだろう。動物園のジャガーにとっては、段ボール箱は贅沢品なのだ。普段は、俊敏で獰猛なジャガーを頭に思い描くかもしれないが、段ボール箱さえあれば、彼らだって箱の中にすっぽりおさまる可愛い猫だ。


幾ら丸まっても猫とは大きさが格段に違う。この記事の写真が見たかったが、少し日がたっていたものだから見つからなかった。 残念  


























張本選手に 「かっこいい~」 

張本智和、韓国17歳にまさかの黒星 右足首軽度のじん帯損傷でテーピングも…


東京のエースで世界ランク5位の張本智和(16)=木下グループ=が、同123位の趙大成(17)=韓国=に2-3で敗れる波乱があった。チームは3-1で勝利。張本は女性ファンから「かっこいい」と “珍エール” を送られる場面もあり、「ちょっとビックリしました」と照れ笑いを浮かべた。


東京五輪代表を確実にしている張本は、約3カ月ぶりにTリーグに出場した。選手とファンの交流を志向しているTリーグはワールドツアーなどに比べて観客席が近く、ホームの東京サポーターからは大きな声援が送られた。

張本の試合中には、女性ファンから「かっこいい~」という “黄色い歓声” が送られる場面もあり、張本は「ちょっとビックリしました」 と照れ笑い。初めての体験に戸惑いもあった様子で、「気にしないように…、勘違いしないように(笑)。うれしかったんですけど、試合中だったので」と調子に乗らないように自身を戒めたという。

試合に敗れはしたものの、久々の明るい雰囲気を楽しんだ様子。「たくさん観客の方がいて、普段の試合よりも近くてちょっと緊張はしたんですけど、ホームマッチということでたくさん押してもらった」と感謝していた。 


大活躍の張本智和選手だがまだ16歳だ。芸能人ではないので、うれしくもあり恥ずかしくもあるというところだろう。初々しくてかわいい。  



ルンバにビビる柴犬

柴犬りんご郎(@ringoro119)さんのツイートより

興味津々でルンバを見詰める柴犬が可愛いすぎる――。そんなツイートが投稿され、話題になっている。


こちらはツイッターユーザーの柴犬りんご郎(@ringoro119)さんの2019年12月22日の投稿。動画に映っているのは、ロボット掃除機「ルンバ」を見詰めるワンちゃんだ。    


ルンバにビビる柴犬が超かわいい 起動音に「??」と首をかしげていたら... 

https://article.yahoo.co.jp/detail/9d35b1541add34d005099b1a574c3a1178d18785 


ボタンが押されて起動音が鳴るルンバに対し、何が起こるのかという表情で首を傾げている姿が実にかわいらしい。しかし次の瞬間、ルンバがモーター音を鳴らしながら動きはじめると、その姿に思わず飛び上がり、逃げ出してしまうワンちゃん。

改めて考えてみると、黒くてゴツっとした機械が突然動き出すというのは誰もがビックリしてしまいそうな体験だ。興味津々であったぶん、驚きもより一層大きかったのかもしれない。


このツイートには、こんな反応が。


「めちゃくちゃ可愛いです 何回も見たくて何回も押してしまいますね」
「動き出した時のりんご郎君の動きが可愛らしくて」
「首をかしげるワンちゃん 最高の癒しですね~」

ワンちゃんの可愛い反応に、癒されるユーザーが続出しているようだ。

ルンバのなめらかな動きは生き物さながらで、我が家に新たなペットが増えたような感覚なのだろうか。初めて炭酸飲料を飲む子供を見ているような面白さである。(ライター:Met)



礼儀正しい酔っ払い !!

先に改札を通った男性が、カードを差し込みながら深々とお辞儀をしていた。何と丁寧な人なのかと思ったら、どうも酔っ払っているらしい。特に乱暴するように見えなかったので、続いて私も改札を通った。 

改札を通り抜けた私の目の前で突然土下座をした。つんのめった私は危うく彼の背中におんぶをするところだった。  危機を回避して私はエスカレーターに向かいながら彼の様子をうかがっていたところ、階段を手すりにつかまらないで下りはじめた。あれほど膝に力が入らずふらふらしている人が大丈夫かなあ ……   先日テレビで、忘年会で寝過ごした人たちの特集をしていたが、階段で寝込んだ人が 「転がり落ちたら危ないから」と取材記者に通報されて警察官に保護されるところを見たばかりだ。 

絡んだり他人に迷惑をかけない酔っ払いを、私は好きだ。  自分の意思とは関係なくふらふらと歩いている。何か独り言をつぶやいている。歩道から車道に頭を出して眠り込み、車にひかれるよと注意されている人もいた。眠り込んで執着駅まで行って、帰りのタクシー代が5万円なんていうこともある。日ごろの仕事や人との軋轢を忘れるために酔っ払いたいのだろうと、ふらふらと歩いている男性を私は否定しない。 


ただし、自分の身内が正体をなくすほど酔っ払っているのは見たくない。  何か悩みがあるならいってよ  

はした金で政治生命も失うかも

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業に絡み、秋元司衆院議員(自民党離党)が収賄容疑で逮捕された。 

事件は政界へさらに広がる可能性もある。首相主催「桜を見る会」問題がくすぶる中、新たな火種が生まれた形で、安倍政権への打撃は必至。IRは政権の成長戦略の一環とあって、主要野党は「カジノ利権の闇」と位置づけ、来年1月召集の通常国会で徹底追及する構えだ。 

自民党の二階俊博幹事長は25日、党本部で記者団に対し、自ら率いる二階派メンバーの秋元議員逮捕に「大変残念だ」と声を落とした。

党関係者によると、秋元議員は逮捕直前の25日朝、党幹部に電話で「潔白なので最後まで戦う」と伝えた。この幹部は離党届を提出するよう促し、党紀委員会は同日付で了承した。早期に自民党とのつながりを断ち、批判をかわす狙いがあるとみられる。

だが、「第2次安倍政権発足後初の国会議員の逮捕」(関係者)に、自民党内の危機感は強い。

二階氏は政権への影響に関し「政権そのものが関与したわけではない。別問題だ」と否定したが、中堅議員は「内閣も党も支持率が下がる」と警戒。来年の衆院解散も取り沙汰される中、議員辞職を求める意見もある。 


大金持ちでも小金持ちでもない私がいうのもおかしいが、たかが300万円余のはした金で政治生命を絶たれることになるかもしれない。お金を持っている人ほどお金が欲しいという通説は当たっているかもしれない。ただし、秋元司衆院議員がお金に不自由していたかについてはわからない。今後の調査で300万どころかもっと多額の収賄容疑に発展することは必至だという説もある。 

 







楽しい “伝染病”

日曜夜に放送されるテレビ朝日の 「ポツンと一軒家」 という番組を毎週見ている。

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか 
衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。1枚の衛星写真から、どのような人がどんな暮らしをしているのかに思いを巡らせるのは、MCの所ジョージとパネラーの林修。

ポツンと一軒家に該当しそうな家族が 「あっ、やっと来た」 と取材班を迎え入れる様子がほのぼのとしている。あるとき、わかりにくいから案内するよと車で先導して該当する家に連れていってくれたことがあった。それ以後は、前の人が案内していたよねと、途中で道を尋ねると大抵の人が案内してくれるようになった。そのようなやり取りも楽しい。 



2019年最後の放送はこれまでに訪れた一軒家の住人のその後を取材しつつ新たな一軒家も紹介する2時間スペシャルをお届けする。MCの所ジョージとパネラーの林修は、当時を振り返りつつ住人たちとの再会を楽しみにVTRを見ていく。最後に所は「2019年の締めくくりにふさわしい一軒家だね!」と感動するそうだ。

録画してでも見よう  

白目をむくわ舌は出すわで真逆の決定的ショット

猫好きの人なら誰でも、可愛い一瞬をカメラに収めたいと思っているはず。だからといって気まぐれな猫たちは撮影のために動かずポーズを決めてくれるわけではない。大阪府在住のなるとほぼママさん(@dynamic_ninjya)=30代男性、主夫=は、可愛い姿を撮影しようとシャッターを切ったところ、お世辞にも可愛いとはいえない、とんだ一瞬を撮ってしまった。

話題の写真は、オッサン座りでグルーミングしている猫が半開きの目をして、カメレオンか、と突っ込みたくなるほど舌を長く伸ばしている一瞬をとらえたもの。「右足を舐める瞬間がたまらぬ可愛さだったので慌ててシャッターを切ったら、可愛さとは真逆の瞬間を切り取ってしまった」とTwitterに投稿すると20万件のいいねがついた。


この “奇跡の1枚” を撮影したなるとほぼママさん自身、撮った直後に写真を見て「思わず笑ってしまいました」と吹き出しそうになったとか。この猫は以前職場だった農場に住みついていたオスの野良猫で、周りから「チャチャ」と呼ばれていた。幼いころから猫好きだったなるとほぼママさんは持っていたiPhone 5sのシャッターボタンを無我夢中で押した。

可愛い写真を撮ったはずが、こんな写真が撮れてびっくり。「『元気出ました』というコメントをたくさんいただきうれしく思っています 」とTwitter投稿後に多くの反応があったことで二度驚いていた。

   
https://public.potaufeu.asahi.com/0aac-p/picture/19352400/2d97a2cdda1addd3b776bd1b33660284_640px.jpg





長毛種の犬をトリマーが丸刈りに


長毛種の犬をトリマーが丸刈りに 混乱する飼い主 「うちの子じゃない」(米)
   
https://giwiz-cmspf.c.yimg.jp/c/cmspf/54/22/63/26/20a68c2d2f48ce6d3eadc5f3dea9d963.jpg


長毛種の犬は美しい毛並みを保つために手入れは欠かせないものだが、飼い主はトリマーを選ぶために十分な下調べをしなければならないようだ。アメリカで犬のトリミングを依頼した飼い主がトリマーとの意思疎通がうまくできていなかったことから、ふわふわの毛だった犬が丸刈りにされてしまったのだ。『Metro』『Mirror』などが伝えた。

米フロリダ州に住むマイケル・コカさん(Michael Coca、28)とカーリーさん(Carley、28)夫妻は、サモエドという種の雄で7歳の “ナヌーク(Nanuk)” を飼っている。ナヌークは白くて長い毛を持つ美しい犬だった。しかし昨年の6月頃、ナヌークは大きな変貌を遂げることになってしまった。

カーリーさんは当時、地元のトリミングサロンにナヌークを連れていきトリミングをお願いした。そしてナヌークを預け、トリミングが終わった頃にサロンへと迎えに行ったが、カーリーさんは思わず 「この子は私の犬じゃないです!」 と声を上げてしまったという。

そこにはふわふわだった毛が全て刈られてしまったナヌークの姿があった。トリマーの男性に 「間違いなくあなたの犬です」 といわれたものの、あまりの変わりようにその犬がナヌークだと信じることができなかったそうだ。

カーリーさんは 「上側の毛のカットをお願いします」 とトリマーに頼み、足や耳の伸びきった毛を整えて欲しかっただけというが、うまく伝わっていなかったようだ。カーリーさんは当時をこのように振り返っている。

「トリマーはそれが 『ナヌークであることを保証する』 とまでいいましたが、私は信じられず夫にスマートフォンの写メで確認してもらわなければならないほどでした。だってナヌークは完全に別の犬種にしか見えなかったから…。」

のちにカーリーさんはその丸刈りの犬がナヌークだと納得した後、なぜか笑いがとまらなくなってしまったとのことだ。また対応したトリマーは自分の腕に自信を持っているようで、ナヌークのトリミングの仕上がりに満足している様子だったそうだ。

幸いにもナヌークは丸刈りになった姿に不満を感じておらず、誇りさえ持っているように見えたという。  しかしナヌークは元の毛並みに戻るまで約1年かかり、日光の強い日には日焼け止めが欠かせなかったようだ。

カーリーさんとマイケルさん夫妻はナヌークの他にも犬を2頭飼っており、トリマーのお世話になることが度々あるようだが、ナヌークを丸刈りにしたトリミングサロンには二度と行くことはないと話している。 


お釣りは取っといてくれたまえ

友だちに、生協で安く買えるという品を買ってもらった。品物がなかったり彼女と会う機会がなかったりで、2カ月近くたってようやく手に入った。

ボランティア定例会の最中で、隣り合った彼女とひそひそとやりとりした。メモに値段が書いてあったので、小銭を探して 「お釣りは要らないよ。とっといてくれたまえ」  と渡したら、確かめた彼女が 「お釣りどころか足りないよ」 と笑った。確かめたら50円玉が1個足りなかった。 いやはや、はっきりいってくれる人でよかった。  

返り道、同じ施設で活動している人たちと忘年会はし損なったから、みんなの都合のよい日に新年会をやろうという話になった。世間では忘年会はやりたくないという話で盛り上がっている最中に、私たちは気心の知れた仲間だから 「うん、しよう、しよう」 と前向きな気持ちで盛り上がっている。義理でない仲間との集まりは、忘年会だろうが新年会だろうが、単なるお茶会だろうが、何か名前をつけて楽しむものだ。 

数十年前の男性が理由をつけて 「飲み会」 をやったようなものだ。いまやオトコもオンナも理由をつけて会食できるよい時代になったものだ。  



フィギュア全日本選手権第2日

フィギュアスケート全日本選手権第2日(2019年12月20日 東京・国立代々木競技場) 

男子ショートプログラム(SP)で、今大会を最後にアイスダンスに転向する高橋大輔( 33=関大KFSC)はジャンプの失敗が響き、65・95点で14位だった。ロック調の曲に合わせて、スタートから激しい振りつけ。1本目の3回転連続ジャンプ、フリップ―トーループで 「つまった」 ことで、歯車が狂った。

「ヤバイ  と思ってしまった。そこから(3回転)アクセル、あの流れでのアクセルは練習でも決まっていなかった。やってしまったと思った」

表現力でカバーしようと試みたが、これが思わぬ逆効果を生んだ。「動きすぎて足に来てしまった」。場内が “ワンチーム” になって手拍子を送る一方で、5度のVを誇る実力者は「何とか動いてくれー」とアップアップだった。3回転ルッツは転倒。フィニッシュともに氷に両手をついた。疲れた―。思いが見る者に伝わった。

取材エリアには、右手薬指を出血させた状態で姿を見せた。「何で切れたんだろう」。無我夢中でラストダンスのSPを滑り切った。「あと10年若かったら、もうちょっとできたかな」。味のある言葉で報道陣を笑わせつつ「フリーでなんとか挽回したい」と、有終の美を誓った。


高橋大輔 流血ラストSPで魅せた、沸かせた、笑わせた「あと10年若かったら」 …… あと10年若かったら私もやりたいことがある。  10年というのは、生まれたての赤ちゃんも大きいけれど、この年齢になっての10年はさらに大きい価値がある。あれもやっておきたかった、これもやってみたいと、残りの人生を思うと忙しい。  


右手からは出血が見られたそうだが、私もテレビ観戦をしていたが、どの段階で出血したのかわからなかった。 インタビューのときにも気がつかなかった。それよりも薬指のリングを見て、結婚したのだったかと、そちらのほうに気がなった。  



 ◇

スマホ操作、他人に迷惑をかけないで !!

老若男女歩きスマホをしている人だらけだ。外国でも歩きスマホをしていて穴に落ちた人を特集しているが、日本も例外ではない。 


電車からおりるのにスマホを見ながらのろのろのろのろ立ちどまりながらやっとおりていった。人ごとならまたかと見ているが、先日は乗りかえ時間が少ないのに前の人がスマホを見ながら出口に進むのを見ていらいらした。  電車とホームの間があいているから落ちるよ  

乗るべき電車がホームに滑り込んだのを目撃して、焦った。そんなにスマホをやりたいならいっそのことずっと乗っていてよと思った。電車の乗りおりのときくらいスマホをやめられないものか。忙しいおばさんは怒っています。  


そんなにスマホに熱中する人は山手線に乗って心行くまで何周でもしたらどうお  




 

あわや大けが

19時過ぎに電車に乗った。ドアが閉まって発車した直後、いきなり急停車した。一駅だからつかまらないで開くほうのドアに移動しようと思ったが、何気なく近くの手すりを握ろうとしたその直後のことだった。手すりにつかまっていなかったら数メートル吹っ飛ぶほどの急停車だった。本当に危なかった。暮れの忙しい時に大けがなどしている場合ではない。  

「急停車するようにとの指示が入ったので……。ただいま安全確認をしています」 と数回アナウンスが流れた。約7分後、2駅東京寄りの駅の線路内に人が立ち入ったため急停車だったとの説明があった。   

今まで経験したことのない急停車で、2メートルばかり駅のホームに戻ってきた電車はドアがあかないのでホームで乗りたそうな人がいたが、そのまま発車した。すれ違うように上り線の電車が入ってきた。上下線ともに急停車ということは、よほど緊迫した状況だったのだろう。立ち入った人は無事だったのだろうか。  


ジャガーは意外に力持ち


ジャガーは意外に力持ち、木の上でたるをくわえて持ち上げる 

米アリゾナ州の動物園で5日、14歳のメスのジャガー 「カイポラ」 が、木の枝の上という不安定な場所で、たるをくわえて持ち上げ、意外に力持ちなところを見せつけた。フェニックス動物園で撮影 (ナレーションなし)。


   
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00010007-reutv-n_ame 


たるを持ち上げて何をしたいのやら ……   よく見ると、たるはひもで木にくくりつけられている。遊び道具として動物園が設置しているのだ  


犬とウズラの赤ちゃんたち

スウェーデンのお宅で暮らすジャーマン・シェパードの男の子 「トーリン」 くん。

赤ちゃんウズラたちとの穏やかなひとときに、癒やされる人が続出している。 
   ⤵
https://www.youtube.com/watch?v=1VLP98ymYrs


カーペットの上には、元気なウズラの赤ちゃんがいっぱい!
トーリンくんは、彼らを踏みつけないようにそっと腰を下ろして……。
右手に集まってくる小さなウズラたちを暖かく見守っていた。



ちなみにトーリンくんは、ウズラだけでなくひよこにも懐かれているのだそうだ。
   ⤵
https://www.youtube.com/watch?v=uLYAzxdfLfc


ウズラひよこはぬくもりを求めて犬のそばに集まる。ほのぼのとした光景だが、生餌(肉)だと思ってパクリと食べないか心配したが、大丈夫だった。  これがライオンや虎だったら、幾ら幼獣でもこの関係は築けないのではないかと思う。 


家出犬と鹿の逢瀬


「うちの犬が家出をして戻ってきたのだけど…その間に鹿との出会いがあった!」 カメラに映っていたロマンス


カナダ・マニトバ州の女性が飼っているハスキー犬が、あるとき家出をしてしまったが、何事もなかったように戻ってきたそうだ。

その間、いったい何をしていたのだろうと思っていたところ、隣人が設置していた野生動物用のカメラに映っていたそうで、犬は決して独りではなかった。

なんと愛犬コーダは、鹿と逢瀬を重ねていた!
ちなみに犬はメスで、鹿はオスだそうです。

森で仲良く過ごす2匹。長年一緒だったかのように波長が合うようだ。寝るときさえも一緒。12時間ほど楽しいひと時を過ごした後、コーダは何事もなかったように自宅に帰ってきたのだとか。

飼い主のレイチェル・ハワットさんは 「映像を見るまでこんなことが起きていたなんて、想像もしていなかった」と驚いたとのことです。

人知れずディズニー映画のような動物ドラマは、意外とたくさん起きているのかもしれませんね。


https://article.yahoo.co.jp/detail/bef0e057fe9e5f19bdc1b7c8360dfbec2561df76 


種が違っても友情は芽生えることはすばらしい。以前、けがを負った小動物を子連れの母ライオンがえさとせずに、オスライオンをも追い返してその小動物が森へ帰るのを見守ったという話を見たことがあるが、種を超えた愛情に拍手。  

それに引きかえ昨今は連れ子はもちろん実子まで虐待し、見殺しにしてしまう親がいるのは嘆かわしい。野生動物に弟子入りして愛情とは何かを勉強してこい  



何様ですかの切り返し


ツバキ(@PigretCCM)さんが買い物中に遭遇した女性が非常識すぎると話題になっている



醤油がなくて、子を連れてスーパー行って醤油1本買った帰り際、知らないババアに「あなたねえ!」って呼び止められて

「こんな夕方に赤ちゃんを連れ回すなんて最低ね!」って騒がれたんだけど「どなたですか?」って返そうとしたら「何様ですか?」って言ってもた。ポカーンされたから颯爽と逃げた— ツバキ (@PigretCCM) 2019年11月26日



こっちだって好きでこんなクソ寒い夕方に連れ回してるわけじゃねえんだよ。醤油なしで刺身食べんのきついから仕方なく買いに行ったんだわ。

でも、義のノリでうっかりしてたな…子に何か危害あたえられなくて良かった。何かあったら醤油で殴ってしまう。— ツバキ (@PigretCCM) 2019年11月26日


夕方に出かけるのってそんなに悪い事?おばさんの無神経な発言に怒り心頭。



夕方だろうが夜間だろうが寒かろうが暑かろうが、家に赤ん坊置いて出かける親より全く問題なくツバキさんが正義です!!自分の言ってる事が正しいと思ってるんだろうね、そのばーさんは。
他人にそんなこたぁ言われる筋合いねぇわ!!と私が怒鳴りつけてあげたいくらい!!すみません…通りすがりでした

— ちゃん (@chan3217) 2019年11月27日



夜中じゃなくて夕方ならよくある光景なはずなのに難癖つけたくなるくらい家で嫌なことでもあったんですかね…

— ミソフォニアカプリ子ちゃん (@jiantkprk) 2019年11月27日



え、夕方に赤ちゃん連れてたら最低なんですかね!?私平気でイオンとか遅くまでいるんですけど…笑
仕事で保育園帰りとか、ツバキさんみたいに何かが足りなくて買い足しにきたとか、いろんな事情の人がいるのに…。いやほんとに何様ですか?は大正解の返しだと思いますよ!

— ♡祝♡同居脱却嫁みい♡ (@
KEohC6gfpF0sCkq) 2019年11月27日


言い間違えとはいえ、「何様ですか?」はナイスな切り返し!



「何様ですか?」で正しいですよ!

— l'orchidée (@orchidee0717) 2019年11月28日



心の声の方が正直ですからね

— りえたん (@QhYZTqxRxEmDrwk) 2019年11月27日



むしろ(*^ー゚)b グッジョブ!!
何様ですか?の破壊力は素晴らしいですね。
相手の態度が悪かったなら、それで良いような気がします。


— まりんぼ@お絵かき&モンスト♡ (@mrnb0ekaki) 2019年11月27日



何様ですか‥

面白かったです— ⋆ 初マタ⋆ 26w切迫入院中!
(@ayunoshioyaki3) 2019年11月27日


ツバキ(@PigretCCM)さんと似たような体験をしたというユーザーも。



生後1カ月くらい。
昼間にスーパー行った時に

「私は1カ月の間は外出も考えた事なかったわ〜」って言われた事ありますƪ(˘⌣˘)ʃ

何様ですか?は、なかなか‥‥笑笑
ステキな言い間違いw— 自由人の垢
(@ktarotaro123) 2019年11月28日


浄化されるような良い話も寄せられた。

わたしも煮物作るのにみりん無くて夕方に抱っこ紐して買いに行きました。
知らんおじいちゃんとすれ違ったら、わざわざ引き返してきて、赤ちゃんだ可愛いありがとうて謎の感謝の言葉をいただきました。(笑)


— あおうり (@nami_uri) 2019年11月27日


こんなにたくさんの同感と励ましのツイートをもらったら、子育ての励ましになる。よい時代になった。   




知らぬ間に移行されていた

8月9日にYahooから12月15日でYahooブログが終了するので、ブログを続行するなら他社に移行するようにとのメールが入った。その移行先として、アメーバブログ、ライブドアブログ、Sccsaaブログ、はてなブログの4社が提示されていた。8月末に、その中からなじみのあるアメーバブログに移行手続をとった。 

その後も、まだ旧ブログページに投稿できるのかと何度か記事をアップし、記事中で、今まで私のブログに訪れていただいていた皆さん宛に、amebloに “引越し” する旨の告知をしてきた。 


移行先のamebloには約10年間分の過去記事のアップがされていないので、その手続をしようと四苦八苦し、きょうはいよいよ息子に手続の手助けを頼んだ。すると、何と今記事を書いているビッグローブに移行してfいることが判明した。

Yahooが終了の告知をしてから突然今まで作成していたブログとは記事の背景が一つだけになったり、入力に不便を感じていたが、無料ブログだったのでこんなものかと思っていたら、何とYahoo!ブログとビッグローブは別だと息子に指摘されて驚いた。 

いつの間に移行されたのだろう。ここでの記事作成に困惑したり、amebloでの記事作成に困惑したり、この3カ月余は何だったのだろう。そしてこの数日、いよいよYahooのサービスが全て終了するため、過去記事を保存したりと忙しい日々だった。 

ここでの記事作成が可能となれば、各日の右横にカレンダーが表示されていて過去記事も読んでいただけるので、このまま記事を書き続けようと思う。しかし、毎日続けてきたのにこの3カ月余のブランクはどうしたらよいのだろう。amebloにアップした記事をこちらにお引越しするか、それはあきらめて今日からまた新たに毎日書き続けるか悩ましい。幸いきょうは12月1日なので、心機一転きょうからまた新たに始めるとしようか。  

amebloには、いいねやコメントを寄せてくださっている方々もいるので、毎日amebloにもとはいかなくても投稿を続けようかと、慌ただしい年の瀬を迎えて何だか痩せそう   これはちょっとうれしいかも……