後を絶たない児童虐待 


大阪市平野区で当時の交際相手の長男=当時(1)=に暴行を加えて死亡させたとして、大阪府警捜査1課は17日、傷害致死の疑いで、兵庫県伊丹市、建設作業員東向貴志容疑者(23)を逮捕した。「何もしていません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年5月3日午後0時50分から1時10分ごろ、大阪市平野区の集合住宅の一室で、当時住んでいた交際相手の女性(24)の長男中窪理斗ちゃんに暴行を加え、死亡させた疑い。

理斗ちゃんは病院に運ばれたが、翌4日に転院先の病院で死亡した。死因は肝臓裂傷による失血死だった。東向容疑者は任意の調べに「暴行はしていない」と話したという。


ことしに入っても交際相手の男性2人に 「もっとしばけ」 などとわが子への暴力を強要した母親がいる。なぜこうも簡単に人(子ども)に乱暴を働けるのか理解に苦しむ。殴られたり蹴られたりする子どもの身になって考えられないということが、考えられない。  


この事件に関係なく、巷の人々にいろいろな意見を聞く番組があった。その中でレポーターが 「なぜ連れ子に暴力を振るう事件が多いのですかね」 お年寄りに聞いたところ、その人は 「子持ちで独り身になったら女を捨てなければだめだよ」 と答えた。 

なるほどと思った。まだ子どもが小さくて自分の身を守れないうちは、独り身となった母親は子育てに専念するべきというその女性の言葉は妙に説得力があった。