キャンセルをキャンセルして、またまたキャンセルはできない

何のことかと思うでしょうが、今月予約していた整形外科を、コロナ騒ぎもあり、時ならぬ “熱中症” で体調がすぐれなかったともあって、4月に行くことにして予約をキャンセルした。 

ところが、その翌日、大けがとはいわないまでも中けが  をして、再度クリニックに 「キャンセルしたばかりで申しわけありませんが」 と、キャンセルしたのをまたキャンセルして、予定どおり予約を入れた。 

その後、右肩と胸と背中が息もできないほど痛みが強くなって出かけるのがおっくうに思ったが、まさか一度キャンセルしたのをキャンセルして予定を入れてもらったのに、そのまたキャンセルなどしたら信用をなくすに違いない。 

というわけで予定どおりクリニックに行ったが、精密画像を撮るための体の向きを変えたり手を上げ下げしたりができないので単純画像を撮るにとどめた。1カ月もすれば打撲とその他の痛みはほぼ治まるでしょうとのことで、様子を見ることになった。 

会場が閉館になったためダンスができず、先日友だちと久しぶりにおしゃべりを楽しんだ。これからチューリップや菖蒲の時期なので、こっそりと出かけて、人がいなかったら見てこようかと相談しているが、毎日感染者がふえているのでどうなることか。1歩も外出するなということになるかもしれない。  



やはりティッシュペーパー、トイレットペーパーの棚はがらんどう

多分 “熱中症” https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/cms/article/edit/input?id=38402301 のせいで、5日くらい毎日十数時間眠りっぱなしで、必然的に食事をする回数が減った。やせたいとは思うが、体調が悪くてやせるのは望まない。 

それで、たっぷり睡眠をとったせいか、きょうは4時間ほどで目が覚めた。気持ちもすっきりしている。久しぶりにスーパーに買い物に行った。買い物をすることが楽しくて食料品や日用品などを見て回った。すると、棚の一部がぽっかりと穴があいていた。 「お1人様1個限りでお願いします」 と張り紙があったが、ティッシュペーパー、トイレットペーパーは1個もなかった。 

ニュースで不足しているとあったが、本当だった。  私は幸いストックがあるので困りはしないが、小さい子どもがいる人たちは大変だと思う。ほとんどが日本で生産しているので品不足にはならないとメーカーがいっているのに、不安になって買い占めが起きるのだろうか。 


毎日、じわじわとコロナウイルスによる感染者数と死亡者がふえている。この時期、出歩かないほうがよいと来週予約を入れている整形外科の取り消しを申し出ることに、患者仲間と決めた。彼女の家族は出歩くことを自粛している今のほうが安全だという意見と、ご主人は来月にしたほうがよいとの意見に分かれているそうだ。 

私は体調を崩した後なので来月にするというと、彼女も 「来月、ランチして帰りましょう」 と、何だかうれしそうに話がまとまった。  

夏でないのに “熱中症”

ここのところずっと目まいがしたり、ひどいこむら返りに悩まされていた。

かかりつけ医の紹介状を持参して大病院で  頭のMRI検査や血液検査などの精密検査を受けた。結果、頭の中には何もなし (脳みそもない  ) その他の検査も別に異常はないですねといいながら、検査結果を順に見ていた内科医の顔色が変わった。 
 
体内の水分が異常に少ない。すぐにでも水、お茶、白湯、ジュースでも何でもいいから水分を摂ってください」 といわれた。 

数日後、封書に入れたその結果をかかりつけ医に渡した。そして体内に水分が少ないとどうなるのですかと聞いたところ、わかりやすくいえば熱中症と同じことですと。ふらついて階段から転げ落ちそうになったり、太もものほうまでひどいこむら返りの症状があったのは “熱中症” だったのかと納得がいった。 

汗をかく時期ではないから (夏でも私は汗をかかない  )点滴などの処置はしなかったが、ダイエットする都合上  ジュースをがぶ飲みするわけにはいかないので、とりあえずお茶と水を極力飲むことにした。 

外出の時には必ず水を持つし小まめに飲んでいるつもりだが、まだ足りないようだ。いつから水分が足りなかったのか   せっかく2キロ以上体重が減ったのに、また戻るのかと思うとがっかりだ。