夏でないのに “熱中症”

ここのところずっと目まいがしたり、ひどいこむら返りに悩まされていた。

かかりつけ医の紹介状を持参して大病院で  頭のMRI検査や血液検査などの精密検査を受けた。結果、頭の中には何もなし (脳みそもない  ) その他の検査も別に異常はないですねといいながら、検査結果を順に見ていた内科医の顔色が変わった。 
 
体内の水分が異常に少ない。すぐにでも水、お茶、白湯、ジュースでも何でもいいから水分を摂ってください」 といわれた。 

数日後、封書に入れたその結果をかかりつけ医に渡した。そして体内に水分が少ないとどうなるのですかと聞いたところ、わかりやすくいえば熱中症と同じことですと。ふらついて階段から転げ落ちそうになったり、太もものほうまでひどいこむら返りの症状があったのは “熱中症” だったのかと納得がいった。 

汗をかく時期ではないから (夏でも私は汗をかかない  )点滴などの処置はしなかったが、ダイエットする都合上  ジュースをがぶ飲みするわけにはいかないので、とりあえずお茶と水を極力飲むことにした。 

外出の時には必ず水を持つし小まめに飲んでいるつもりだが、まだ足りないようだ。いつから水分が足りなかったのか   せっかく2キロ以上体重が減ったのに、また戻るのかと思うとがっかりだ。