年齢的なトリアージがあってもよいのではないか

新型コロナウイルスの猛威が一向に収まらない。埼玉県内の50代の男性が自宅療養していたところ、症状が悪いので翌日入院する手はずを整えていたところ、前日に亡くなっていたというニュースに続いて、俳優の岡江久美子さんが今月3日に発熱して自宅で療養していたところ、6日に病状が悪化して入院治療を受けていたが、23日早朝になくなったというニュースが報道されて驚いた。6日に入院したときには既に重症化していたそうで、新型コロナウイルスに感染していたことがわかったそうだ。 

日本各地で働き盛りの人や乳幼児の死亡も伝えられる。医療関係者が口にするわけにはいかないと思うので、私が高齢者の立場から提案したいと思う。一人でも多くの人を救うために災害による負傷者の重症度と緊急性によって選別して治療の優先度を決定する手法としてトリアージという考え方が広まっている。これを今回のコロナ感染に応用してはどうかと思う。 

高齢者が先に体力を失うから病院に搬送されて病床が足りなくなり、症状の軽い人は自宅療養とか借り上げたホテルに滞在する昨今だが、それでは病状が急変したときには手遅れになってしまう。私はそんなことで若い人たちの命が失われることはもったいないと思う。高齢者も、人によっては先に治療してほしいと思う人もいるだろうが、私は必ずしもそうは思わない。日本の将来を担う若い人たちの命を優先して治療に当たるという考え方はできないものだろうか。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント