「アベノマスク」と給付金の書類が届いた

マスクは26日に、書類は30日に届いた。マスクは届くまでに2カ月近くもかかったので給付金のほうは1カ月くらいかかるのかもしれないと期待していなかったのだが、早々と  届いた。 

マスクは、私にはちょうどよいサイズで、従来市販されていたガーゼマスクは本体のほかに当てガーゼがついていたが、届いたのは本体のみで、これが何と息苦しくない。これからの蒸し暑い時期には重宝すると私は思う。早々と届いた人たちからの感想は余りよくなかったが、日ごろガーゼマスク愛用者である私にはありがたい贈り物だ。 

給付金も、振込先の通帳のコピーとか身分証明書の表裏のコピーなどコンビニに行かなければならないが、申請書が届いてしまえばこっちのものだ。  友だちと 「何かおいしいものを食べに行こうね。間違えて ”不要“ にチェックを入れてはだめよ」 と書類が届く前から打ち合わせ済みだが、手が滑って不要欄にチェックを入れないように頭がすっきりしているときに記入しよう。  


孫たちが10万円もらえると大喜びだそうで、息子が 「毎日家にいるとお金がかかるし、休んでいても授業料は払い込むのだから全部こどものお小遣いではないよ。3万円くらいかな」 といったら、それでも大喜びしているそうだ。 ニュースが理解できない幼子だったら、全部親のものだったのに残念でした。