ツバメは親を何で認識するのか

昨日、西口から東口に抜ける駅の構内で、上を見上げるとツバメの子が3羽いた。卵から無事にかえったのだとしばらく見ていると、私を見てチイチイチイチイ鳴きながら口を大きく開いた。 

私をえさを持ってきた親と間違えているのではないかと思った。確かに私は髪はカラスの濡れ羽色で  顔はお餅のように白いし  ツバメの色合いと似ている。  でも親ツバメは上空を飛んで巣に戻るはずだ。下からじっと見上げる親はいないだろう。あの、えさをせがむヒナたちは何に勘違いしたのだろうか。 

バスの時間がるあるのでその場を離れたが、ヒナのチイチイという声はぱたっと鳴きやんだ。 

用事を済ませて約2時間後、帰りにまたその巣を見上げた。ヒナは起きていたがチイチイとは鳴かなかった。2時間の間に親鳥からえさをもらっておなかがいっぱいだったのか、あるいは親に 「やたらに鳴いてはいけない」 と説教されたのかわからない。 ヒナたちが巣立つ前にもう一度巣の下で見上げてみようと思うが、いつまでいるのだろう。早く行かなければ   何だか楽しみ。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント