人間に救助された救助犬

スカーフェル・パイク、イギリス、7月27日(AP)― 英国で最も標高が高い山から7月24日、疲労で動けなくなった救助犬として知られるセント・バーナードが人間に救助された。

イングランド北西部カンブリア州の湖水地方国立公園にある同国の最高峰、海抜978メートルのスカーフェル・パイクを登山中の飼い主から、同公園内のワズデル山岳救助隊に「セント・バーナード犬が動けなくなった」という救助要請の連絡が入った。飼い主によると、体重55キロの 「デイジー」 は登山の途中で、疲労の兆候が見られ、まったく動けなくなったという。両後ろ足に痛みがある様子だった。そのため、山頂付近から救助隊に担架で運ばれたが、下山後しばらくして元気を取り戻したという。

救助されたのは体重約55キロのメスのセントバーナード犬「デイジー」。デイジーを救助するために、地元の山岳救助隊から16人が出動し、飼い主は水と餌を与えながら救助を待った。

現場に到着した救助隊は、デイジーを担架に乗せて下山を開始した。悪天候が予想されていたため急ぐ必要があったが、途中で急斜面や岩や滝などに遭遇。そのたびに、デイジーに「たくさんのおやつ」を与えるなどして難局を乗り切り、計5時間かけて無事に救助を果たした。 

救助隊によると、デイジーは「現在の飼い主に『救助』されるまで、困難な人生のスタートを切っていた」という。

ワズデル山岳救助隊はボランティアが主体で、寄付金によって運営されている組織だそうだ。


    人間に救助された「救助犬」 英国最高峰から担架で下山 
https://news.yahoo.co.jp/articles/07fcec9e29714a5c7ddee4d224f07faa03a563af/images/000


担架で運ばれたセント・バーナード犬を、救助犬が人間に救助されたとやゆしているが、このワンコが実際に救助犬として活動していたわけではないと、私見を補足しておく。   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント