安倍総理 辞任表明

8月28日午後5時から 「体調が思わしくない。ご迷惑をかけないよう辞任を決断した」 との記者会見があった。首相側近も寝耳に水だったようだ。 

在任中の功罪は専門家がいろいろと語っているし、素人の私には何かを語るほどの知識はない。しかし、任命した大臣や閣僚の不祥事でころころと短期間で辞任に至ったことは、首相に人を見る目がなかったのか、あるいは自分の派閥を重要視する余り人材がいなかったのか、それもわからない。河井克行前法相は、昨年7月の参院選に妻が立候補したときの大規模買収事件が発覚して、就任後たった2カ月で辞任に至ったことは記憶に新しい。大臣にふさわしい人材がいなかったとすれば、私たちが投票する人を責任を持って選んでいるかという反省にもつながる。 


それはさておき、1時間余の会見中ずっと総理が立ったままだったことに胸が痛んだ。難病が悪化して体調が悪いからと辞任会見する人を立たせておいてよいのか。総理がもし着席しての会見を拒んだとしても、せめて記者団との質疑応答の約40分余は着席の場を設けるべきではなかったかと思う。動いているときの1時間と立ったままの1時間では疲労の度合いが異なる。 

首相が辞任を決断するほど体調が悪かったとは寝耳に水と側近はいうが、仕事の場で体調不良だということは、普通いわない。むしろ悟られないようにする。不肖私もフリーで速記の仕事をしていた時期は、体調が悪くても仕事の場では元気に振る舞っていた。仕事を依頼してくれた人を不安にさせてはいけないという意識が働いたのだと思う。仕事から離れた今も、人に会うと元気そうねといわれる。電話で友と話をしてもよほどのことがない限り元気に振る舞う。というより、楽しくて元気が出るのかもしれない。 

今後は無理しないで治療に専念し、後任の首相が決まるまでは麻生副総理に任務を委ねてもよいのではないか。 

友人の娘さんが同じ病と闘っている。しかし、総理が一度退任した後、再び激務をこなせるほど回復したのだから希望を持っているとうれしそうに話をしていた。それら同病の人々のためにも、くれぐれもお大事に。  


ブーメランになったセミ

朝夕はめっきり涼しくなって虫の声も聞こえるようになった。今までの設定温度ではシャワーの温度が低く感じるようになった。暑い暑いといいながら季節は確実に秋に向かっている。 

1週間ほど前に、我が家の前にセミが仰向けに転がっていた。たとえ死骸であっても人に踏まれないようにと靴を持ち出してそっと脇に寄せようとしたら、突然セミが跳んだ  それだけなら生きていたのか、よかったと喜ぶところだが、何とセミは私の周囲を旋回して最後は私の顔に向かって跳んできた。 

生き物を観察するのは好きで1冊だけだが 「嫌いな虫も時には友だち」 https://www.amazon.co.jp/%E5%AB%8C%E3%81%84%E3%81%AA%E8%99%AB%E3%82%82%E6%99%82%E3%81%AB%E3%81%AF%E5%8F%8B%E3%81%A0%E3%81%A1-%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8-%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%8F%A3-%E7%B4%94%E5%AD%90/dp/4776515032 という本を出したが、直接虫たちを手で触れない。慌てて、セミを端に寄せるために持っていた靴で顔を守りながら、家の中に入った。ああ、びっくりした。   

数時間して外を見ると、セミの姿が見えなかったので、覚醒してどこか木の上で羽を休めていればよいのだが、どうなったことやら …… 



路上でマスクをつけろよと男性に怒鳴られた話

駅へ行く途中で、向かい側から来た女性に声をかけられた。いつもはぎりぎりに家を出るのだが、その日はゆとりをもって出たので、立ちどまって話を聞いた。 

遠くから来る姿がおしゃれな柄入りのマスクをしているのかと思ったら、単に口元を押さえていたのだ。私もマスクをせずにいたので、話しかけやすかったのだろう。そして路上でノーマスクで歩いていたらオジサンにいきなり「マスクをつけろよ」と怒鳴られたのだそうだ。 

「電車やバスに乗るときはマスクをつけるけれど、私も歩道を歩くときはマスクをつけませんよ」というと、わが意を得たりとばかりに話を始めた。1台電車をおくらせるようだけれどと観念してお話を聞いた。都会じゃないのに歩くときは必要ないと厚労省でもいってるじゃないのねえ、ニュースを見ないのかしらと、2人でこき下ろして留飲を下げた。 

○○と△△でもマスクを売っていますよと情報をいただいたが、電車に乗りおくれるのでとお断りして駅に走った。   


電車が着いたときでも、ラッシュ時間帯でなければ歩道で人とすれ違うのも、たかが知れている。私は心拍数が常時100近くあるので、この暑いさなかにマスクをつけていたら息苦しくて、熱中症やコロナに感染する前に呼吸が停止してしまいそうだ。車内は大抵優先席が空いていて座れるし、車内や店舗では冷房が効いているので、礼儀としてマスクはつける。一応守るべきルールは守っている。   



ケンケンケンと鳴く子犬

先日の早朝、ケンケンケンと聞いたことのない鳴き声がした。珍しい鳥が来たのかと思って敷地の木や、街路樹を伸びあがるようにして探したが、それらしい鳥はいなかった。 

その鳴き声が近づいてきたのでベランダからしばらく歩道を見ていると、男性に抱かれた茶色い子犬が姿をあらわした。散歩の途中なのかと通り過ぎるのを見送ったが、散歩にしては歩いていなかった。それに、連れていた男性が、工事の誘導をするときや夜回りをするときに身につけるような紺色で胸元や背中に黄色い反射材をつけたベストを着ていたのが気になった。 

あんなに穏やかに抱かれていた子犬だから、まさか野犬狩りのオジサンにつかまったのではないよね   何日もたつのに、なぜか気にかかる。それに、ケンケンケンと鳴く犬は聞いたことがない。キャンキャンとかワンワンと鳴くのが普通だと思うけれど、さほど珍しい犬種にも思えなかった。   ちょうどこのような色合いの犬だった。

ケンケンケンと鳴く子犬が幸せに暮らせていますように  

ペルセウス座流星群を明日観測しよう 

ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群のうちの一つ。

最も多くの流れ星を観測できる「極大」のタイミングは、8月12日の22時頃。    

国立天文台によると、21時頃から流れ星が出現するようになり、夜半を過ぎて夜明け前の薄明に近づくにつれて流星の数が多くなり、極大時には1時間に30個程度の流れ星を見つけることができるかもしれないという。

また、極大になる前後8月11日〜8月13日にかけてが観測に適したタイミングだとされているが、運が良ければ3連休中にも流れ星を観測できる可能性もある。 


あいにく3連休中は見損なったので、明日の夜からは空を見上げて夜を過ごそう  


アルコールに負けた 

2カ月ほど前から両手の指先が痛み、指によっては皮膚がむけたりしていた。そのころパソコンを買いかえたので、マウスの動きが固かったり、キーボードの成分  が合わないのかと思っていた。今のところ三密及び濃厚接触のおそれありでダンスサークルは休止しているが、レンタルホールで時々練習している。万が一水虫だったり、うつるような皮膚病だったら、先生に迷惑をかけるし、私自身の生活も困ると思って、先日思い切って皮膚科を受診した。 

「手のひらも診せてください。ああ、アルコールに負けたのです。強力なハンドクリームを出しておきますから、たっぷりすりこんでください。なくなったら、また来てください」と。こんな形でコロナに負けるとは……私自身、今話題のヨード系の薬剤を初め数々の皮膚アレルギーを持っているので、買い物で店内に入るときは用心してなるべく形だけ、指先に消毒薬が当たるようにしていた。それにしてもすごい  正直に指先のほうが症状がひどいとは。  


私はアルコールは強いですよ。注射するときにも。飲めないのにね(酒類) 

私は逆で、エビやカニ、タケノコなどの処理をすると指や手のひらがかゆくて痛くて大変です。『ばあや、殻をむいてちょうだい』と頼まなければ生のエビやカニは食べられません。 でも、処理してあるお刺身やお寿司は大好物ですよ」 

などと会話が弾んだが、若い人に「ばあや」の冗談は通じたのだろうか  




お相撲さん、仲よしこよし

2日の大相撲千秋楽で。何気なくチャンネルをNHKにすると、土俵の上からドンドンという太鼓の音が聞こえた。画面を見ると、取り組み前にお相撲さんが景気づけにおなかを盛んにたたいていた。太鼓腹とはよくいったものだと感心し次の取り組みを見ていると、炎鵬と豊山の取り組みが始まった。炎鵬は小柄ながら粘り強く土俵上を動き回ったが、ついには豊山に押し倒されて負けた。 

ふだん熱心に相撲中継を見ることはないが、勝った力士が負けた力士に手を差し伸べて起こすシーンは時々見たことがある。しかし炎鵬と豊山のときは、倒れた炎鵬に手を差し伸べて体を起こし、そのまま土俵の中央まで2人で手をつないで戻った。 

あら、こういうことってよくあることなのかと、とても感動した。私は野次馬だから、こういうシーンを見たさに今後の相撲中継を見るかもしれない。   

新型コロナウイルス感染者が急増

東京都の7月31日の感染者数が463名となり、過去最大数となった。一体どうなるのだろう。感染者数がふえたのは東京都だけではない。このようなときに東京都を除いてまでGO TOトラベルを実施したのは愚策だったのではないか。観光業界の活性化を図るためとはいえ、大阪を初め全国的に感染者数がふえている。それよりもどんどんどんどんお札を発行して飲食店や観光業者、その他コロナ禍で生活に困っている人たちにお金を貸し付けるのではなく、贈与したらどうなのか。 


先日、久しぶりに同年代の友から電話があった。ここだけの話という前置きで、いいたい放題で盛り上がったのでちょいとご紹介しよう。

◎ もうPCR検査はしないで放っておいたらどうなるのかしら。体調の悪い人は普通に病院に行って診察してもらって治療をする。
◎ どんどん感染者数がふえたら私たち高齢の体力がない者から死亡するから高齢人口が自然淘汰されていいんじゃないの。
◎ 高齢者が重症化するなどと政府も医療関係者も心配するけれど、若い人たちを優先して病床を譲っていいのにね。
◎ もし若い人たちが犠牲になったとしたら、夜遊びしたりカラオケに行ったり、好き放題にしているのだから自業自得よね。(ちょっときついいい方だけれど 

私も友だちも、体力がなくなってあっちが痛い、こっちも調子が悪いといいながら長生きしたくないタイプなので、1時間以上まだまだ話が盛り上がった。

というわけで、なるようになるさというおおらかな気持ちで  日々過ごしたらどうなのだろう。毎日毎日感染者がふえたなどと気にしていたらとても生きていられない。  まさか日本人が全滅するということにはならないだろう。強い者が生き残る、それでいいんじゃないの