ただ今、夫婦ゲンカ中の為、臨時休業します

ある「うどん店」が臨時休業したのだが、その理由が一風変わっているとネットをにぎわせたのだ。
まずは、店頭のシャッターに張り出された臨時休業のお知らせをご覧いただきたい!

そこにはまさかの理由が書かれていた(提供:麦わら)

臨時休業のお知らせ 「ただ今、夫婦ゲンカ中の為、うどんが踏めません。3/30(月)まで、ひたすら機嫌をとりますのでみなさんも援護して下さい。3/31(火)より仲良く営業します」

臨時休業の理由はまさかの夫婦げんか...。しかし、仲直りできる見込みで、営業再開日まで決まっているというのだ。

お知らせの画像がネットに投稿されると、ネットユーザーは「旦那さん地雷を踏んだってワケだ」「コシがなくなりそう」などと大喜利状態となったが、同時に夫婦仲を心配する声もあった。

このうどん店は、東京・江東区にある「麦わら」というお店だが、なぜ、このような理由で休むことになったのだろう。そして、無事に営業は再開したのだろうか?

編集部は今回、店を切り盛りする50代の夫婦にお話を伺うことができた。

旦那さん:実は夫婦げんかが、臨時休業の直接的な理由じゃないんです。 新型コロナウイルスの影響が東京に広がりつつあり、この状況でお店を開いていいのかずっともやもやしていました。東京都が3月28、29日の週末、不要不急の外出を控えるように呼び掛けたこともあって、3月28日は営業中も憂鬱な気分が続いていました。

そこで、28日夜に翌日(29日)は営業を自粛しようと思い、来店していた常連さんに「いい理由はないかな」と話したところ、あの張り紙を書いてくれた。それを張り出したんです。まさか、こんな騒ぎになるとは思いませんでした。


奥さん: 主人は小言などで静かに私を怒らせるので、お客さんから見ると私は “怒る人” に見えるらしいんです。常連さんが張り紙を書いたときも、私が厨房で「うるさい」と叫んでいたらしく、旦那が奥さんを怒らせたということで、あの文章になったそうです。

――聞きにくい質問ですが...けんかはよくする?夫婦仲は?

旦那さん:けんかばっかり。毎日けんかしてるよ(笑)。お店では、奥さんが天ぷら担当、自分がうどん担当なんだけど、出来上がりのタイミングが合わないと「早くしろ」なんていってしまう。バタバタしてると、互いに自分のことしか考えなくなっちゃうんですね。

奥さん: 主人とはいつも本気でけんかしています(笑)。

――張り紙には「うどんが踏めません」とあるが、うどんはどう仕込んでいる?

旦那さん: 自分一人踏んでます。うどん作りは粉や塩水などの素材を混ぜてそれを踏み、踏んだものを団子状にして一日寝かせ、伸ばして麺にしていくので手間がかかりますね。

――けんかするとうどん作りに影響は出る?

旦那さん: 踏むときにはおいしくなるように愛情・思いを込めて踏みます。適当に踏めば、適当なうどんしかできないんです。けんかすると、その愛情が半減してしまいますね(笑)。


なあんだ、つまらない。  野次馬としては、丁々発止の大喧嘩をしてくれるとおもしろいのに  

自動巻き上げカーテン !!

台風10号の強風、強雨のとき以来、灼熱地獄から解放された。現在は台風12号が関東地方に上陸すると予報されている。 

1カ月ほど前までは日差しも高かったので、ベランダの日よけに長いレースのカーテンをつるしていた。現在は専ら洗濯物が濡れないように雨よけとして大活躍している。 

暑い盛りは1間半あるレースのカーテンを目いっぱい広げ、足りないところは少し短めだけれど別のカーテンを吊るしていた。それが古くなったので代わりのものを用意してあるのだが、余りの酷暑に高いところに上がって取りつけるのがおっくうだったのでワープロを購入したときのポリエステルのカバー(幅100センチ、長さ150センチくらい)を、2本渡してある竿の庭寄りに洗濯ばさみでとめた。そして下をフェンスの外側に出すと、とりあえず鉢植えの植物を直射日光から防げた。 

夕方になって日が傾くと、風通しをよくするためにカーテンを端に寄せた。次に寸足らずのカバーも内側にあるもう1本の竿にかけようとしたら、既に巻きついていて風通しがよくなっていた。内側の竿は段違い平行棒のように庭側のものより少し高く設置してある。最初は、レースのカーテンより先に私が内側に取り込んだのかと思った。 

しかし、翌日も同じように勝手に奥の竿に巻きついていた。観察大好きな私は、そのカバーをもとの位置に戻してじっと見ていた。すると、風とともにフェンスから内側に移動して、しばらくするとその下端が器用に下側から少し高いほうの竿に絡みつき、くるっと2本の段違い竿のくぼみにおさまった。  お恥ずかしいことに季節風(南風)は夕方にならないと吹かないらしいと知った。中学校のときに習ったのかもしれない。  

このトシになっても新発見はあるものだ。楽しいので来年もこのカバーを使用しようと思う。  


ラブラドール赤ちゃんのヨタヨタ事故


足がおぼつかず相棒の上に落下!横で見ていた子も、なぜか単独で落下!ラブラドール赤ちゃんのヨタヨタ事故がたまらん【動画】

9/19(土) 18:30配信
Retriever
出典:YouTube(Viral Paws)

今回は、まさに赤ちゃんらしい仕草を見せてくれたラブパピーが主役。おぼつかない足取りながらも好奇心旺盛、ちょこちょこ動き回るもコケまくっているのです。「あちゃー…」なシーンはとにかくキュンがつきまとうもの。後半には胸アツシーンもありますよ!

ヨタヨタ…ヨタヨタ…

早速ですが、変な声が出そうなほどに愛らしい光景が。
たくさんのラブパピーたちが、ヨタヨタと縦横無尽に動き回っています。
なんだこの愛らしい光景は…。

どうぞ上の子を見てください。
階段の一段すら、上ることに苦戦しているのです。

ヨタヨタの衝突事故

さて、パピーたちは何がしたいかというと…そこに目的はありません。

もう思うがままに動いているだけ。しかし、そのせいでアクシデントが起きることも。 

すでに下の子2頭が怪しい雰囲気になってきました。

同じタイミングで同じ場所に行こうとしている、とすれば…!

「こっちこないでくだしゃい!」

やはり…。

俊敏に動くことはできませんから、回避することすら難しいのです。

もはや遊び半分なのか、ちょっと相手の体に乗ってしまおうと思ったのでしょう。

後から来た子の体に前脚を乗せたその瞬間!

2頭とは関係なく上にいた子がひとり階段を下っていたため、奇跡的なタイミングで、同じ場所でバッティング。

(ヨタヨタ…モソモソ…)

ということで…

(コローーン!)

下にいたパピーたちは、まるで押し出されたような形に。無念にも、上にいた子の衝撃で階段から共に落下してしまったのです。

最後に上っていた子は見事に下敷きに…。

もう、何やってんの…危ないよー!

なんて突っ込みたくなるその時、まさかまさかの光景が…

(ズコーッ)

なんと…上から下りてきていた子が単独事故を起こしたのです…! 重なり合う2頭の横に、ひとりきれいに落下。

その姿を、2頭も重なり合いながら見詰めています。

え…コントなの? だとしたら、なんという平和で愛嬌のある古典的なコントなんだ…。 

もはや、世界一かわいい衝突事故&単独事故なんて言えそうなヨタヨタシーン

かわいすぎて胸が苦しくなってしまうよ、もう!

パピーならではの動きを見ているだけでも愛おしいのに、コントのようなアクシデントはもう、キュンのレベルを超えていましたよね。

どうして君たちはこうも可愛いのか…まったくけしからん存在ですね!


一日じゅう見ていてもあきない動画だ。コロンコロンと、かわいいの一言。

    一部始終の動画  
https://article.yahoo.co.jp/detail/41dc90762b39975b40dc576a33ad51f357a2f932 

卵にも消毒か ?

知人が、おいしいと評判の卵屋さんの前を通りかかったのでと久しぶりに卵を届けてくれた。 

早速食べようと卵を2個ばかり洗ったら、殻がぬるぬるしていた。次回、ゆで卵にしようと8個洗ったら、やはりぬるぬるしていて、あまり気持ちのよいものではなかった。次にまた生卵を食べようと洗ったら、また同じような感触が手に残った。 

10個以上もこのような感触は、今までになかった。私はそこで気がついた。ひょっとしてこれはアルコール消毒しているのではないか。アルコールでないにしても、コロナに対応するために何らかの処置をしているのではないか。どの卵もぬるぬるした処置が施されているのはどういう薬剤が使われているのか心配になる。卵はまだまだたくさん残っている。

大体、卵は表面の殻から息をしているから新鮮なまま長持ちすると聞いたことがある。その卵を何らかの処理をしていて大丈夫なのか。心配ではあるが、卵自体は黄身が濃く、盛り上がってとてもおいしい。まさか食べて悪い処理はしていないだろうから、最後まで食べ切るつもりだが、コロナの影響が卵にまで及ぼしているのは脅威だ。  

象の仲間とはとても思えない容姿

50年ぶりに生息が確認されたソマリ・ハネジネズミ(画像は『LADbible 2020年8月18日付「Elephant Shrew Redisovered In Africa After 50 Years」』のスクリーンショット)
   
https://muji-pctr.c.yimg.jp/AqrN6ZEr8hvRuGCKSskqoKenILVVjJORFRYuW3_yZAmTB0Qqd6cbEhLPa-N_gk_AUCHev5jCUjyBsSDirOU4wqF5g0HLp_UXSCFdjhHI3Bz7Y8-mp6AtQanX0eOqw2xX


このほどアフリカ北東部のジブチ共和国にて、絶滅が疑われていたソマリ・ハネジネズミが50年ぶりに発見され、その姿を研究チームが写真と動画に収めることに成功した。ネズミのように小柄だが、象の仲間でもあるこのミステリアスな個体に大きな注目が集まっている。『BBC News』『LADbible』などが伝えた。

ハネジネズミは昆虫食を主とする哺乳類で、大きな愛らしい目と長い鼻、跳躍に適した長い後ろ足が特徴である。その長い鼻から別名をゾウ・トガリネズミ(elephant shrew)またはセンギ(sengi)ともいう。見た目や名前から誤解されやすいが、ハネジネズミはツチブタやマナティ、ゾウと同じアフリカ獣上目に分類されている。

世界に存在する20種ほどのハネジネズミの中でも、今回発見されたソマリ・ハネジネズミは特に謎が多く、これまでは数十年前に見つかった39個体が博物館に保存されているのみであった。

1970年代以降その姿が確認されていなかったソマリ・ハネジネズミは、米野生生物保護団体「グローバル・ワイルドライフ・コンサベーション(GWC)」曰く“25の最重要探索対象消失種”の一つであるという。

2019年、米デューク大学キツネザルセンターのスティーヴン・ヘリテージさん(Steven Heritage)を含む研究チームは、アフリカ東部の乾燥地帯12か所に1000個以上の罠を仕掛け、この「失われた種」の捕獲に挑んだ。

罠にはピーナッツバターとオートミール、そして酵母が練りこまれた餌がオトリとして仕掛けられた。その結果、合計12匹のソマリ・ハネジネズミが捕獲され、チームはその貴重な姿を科学的資料として初めて写真及び動画に収めることに成功したのだ。

スティーブンさんは今回の発見でソマリ・ハネジネズミの姿を捉えることができたことに興奮し、『BBC News』に以下のように語っている。

「最初の罠を開けて、ソマリ・ハネジネズミの姿を確認できた時には興奮を抑えることができませんでした。」
「ジブチにどの種のハネジネズミが生息しているのかは不明だったので、ソマリ・ハネジネズミのその特徴的なしっぽを見た時には、研究員同士思わず顔を見合わせましたよ! それが特別なことだって知っていたからです!」
「地元の人たちはその存在を知っていたので、特別に珍しいことでもなかったようです。」

なおソマリ・ハネジネズミの生息地は農業の発展が見込めない乾燥地帯のため、農業や人間による開発によって住処が脅かされる心配はないとスティーブンさんは話している。

実はソマリ・ハネジネズミが存在していることに気づいていたという地元ジブチの生態学者で環境保護活動家のフセイン・ラヤレさん(Houssein Rayaleh)は、今回の発見について次のように明かした。

「地元の人々はソマリ・ハネジネズミが『失われた』とは考えてもいませんでしたが、今回の研究によってこの種が再び科学の世界に戻ってきたことは大きな価値があると考えます。」 「ジブチにとって、この国と地方における素晴らしい生物の多様性や、この国の新たな科学と研究の機会を示せたことは実に重要な意味を持ちます。」 

今回の調査によるDNA分析において、ソマリ・ハネジネズミはモロッコや南アフリカの種と最も近いことがわかっており、新しい種属とされている。ソマリ・ハネジネズミはどういうわけか長い時間をかけて長距離に分散したと見られており、生物学者に新たな疑問を残した。

科学者たちは2022年にもさらなる探索を計画しており、ソマリ・ハネジネズミたちにGPSを取り付け、彼らの行動や生態をさらに調査する予定だ。

GWCのケルシー・ニームさん(Kelsey Neam)は「野生のソマリ・ハネジネズミの発見は、彼らの保護のための第一歩でもあります。彼らが生き残っていることがわかった今、科学者や保護活動家は二度と彼らが姿を消すことがないよう守ることができるでしょう」と語った。


余りにも愛らしい姿、形で、とても象の仲間とは思えない。強いていえば、鼻が少し長い  

“熱中症” に物申す

8月中は毎日毎日35度以上の気温で、下旬にはついに体調を崩した。珍しく数日間、何を食べたらよいのかわからない。これを食欲がないというのだろう。子どものころ扁桃腺炎でしょっちゅう高熱を出して毎学期四、五日くらい学校を休んだ。 

そんなときに母は何でもよいから食べられるものを少しでも食べなさいといって、バナナを買ってくれた。当時高価だったバナナを、多分きょうだいの中で私が一番食べたのだと思う。現在はバナナが安く手に入るのでうれしい。   

今回は自分で買いに出かけるのがおっくうで、家にあるものを探した。冷凍庫にある自家製アイスクリームがあった。自家製といっても、保存容器にヨーグルトやプリン、牛乳などが安いときに買い求めたものを凍らせるだけだ。それらに牛乳をかけて食べたり、スポーツドリンクを飲んで過ごした。二十歳のときに扁桃腺を切除したので高熱は出ずコロナの疑いをかけられることはないが、熱中症という敵がいる。  


ことしは各地で高温続きだったので “熱中症” とみられる患者が救急搬送され、テレビでは盛んに 「電気代を気にせずに寝るときにもクーラーをかけましょう」 と呼びかけていた。65歳の素人まで  「高齢者はクーラーになれていない世代なので夜中までつけるのはもったいないと思うかもしれないが、就寝時にもクーラーをかけましょう」 と投稿している人がいた。 

私はふだんから体温が低く、寝ているときは特に体温が下がる。昼間でも両手のひら以外は全身冷たい。汗もめったにかかない。それなので就寝中に冷房を入れたら体調を崩して搬送されることだろう。それでも熱中症といわれるのだろうか。恐ろしいことだ。  

ちなみに、私はもう10日以上前から薄手のタオルケット(手製)に、これまた薄手の羽毛布団を掛けて寝ている。夜中に暑くなって薄手の毛布にかえたり、明け方には寒くなってまた羽毛布団を引き寄せたりと、季節の変わり目は夜中が忙しい。  

ALS (筋萎縮性側索硬化症) をもし発症したら、介護の人は熱中症をおそれて夜中でもクーラーをかけて退出するだろう。自分で夜着の調整ができない私は夜中に体調を崩して苦しむことになる。日本で安楽死が認められない現在、介護は手厚くするというが、個人の体内の苦しみまで他人にはわからない。流れ星を見るたびに 「難病にかかりませんように、苦しまないで死ねますように」 と祈る人間がいることを医療者も、法整備に携わる人もよく考えてほしい。苦しいのは本人にしかわからないのだから。