警察は庶民の味方

先日、同じマンションの住民と立ち話をする機会があった。

いつものように午前3時近くにごみ出しに行くと、自転車の近くにいた女性が話しかけてきた。まずは、最近ものすごい量のごみに驚き 「これって粗大ごみになるんですよね。何もラベルが張ってないけれど、少しずつ回収してくれるんですかね」 「でもまたきょう、マットレスがふえているわね」 

続けて 「このマンションに○○さんて住んでいますか?」 「余り昼間出ないのでわからない」 「最近、よく聞かれるんです」 などの話から、中学生の女の子がいるというその女性は、ストーカー被害に遭ったといった。何度も家までついてこられたことがあって、最寄りの警察署と交番に届けを出したといった。以来、警察官がよくパトロールしてくれたけれどずっと続いていたので、階段を上がって踊り場で待ち構えていて連写したらばっちり顔が映っていたので警察に提出したら間もなく捕まったそうだ。

とっさによく写せたわねというと、いつも連写の設定をしているし防犯ブザーも鳴るようにしているのだそうだ。私のガラケーではブザーは鳴るけれど、連写の技は多分できないだろう。捕まった人は大通りを入ったところのすぐ近くの人だそうだ。そして彼女は、この辺は変な人が多いんですよといいながら、雨がやんだからこれからコインランドリーでシーツを洗ってくると自転車にまたがった。ええっ、この時間に危ないのではととめようとしたら、一番危ないのは午前1時から2時くらいの間で、もうこの時間は夜が白み始めるから悪いことをする人は “活動” しないといってでかけた。  

桶川ストーカー殺人事件では警察の対応が後手に回って女子大生が殺されたが、この地域の警察官はすぐに動いてくれて、ありがたいと思った。  


捕まる前には防犯カメラも設置していて、マンションの入り口にも 「24時間作動中」 って、張ってありますよといった。年頃の娘さんを持つだけに徹底した手を打っていたことに感動すら覚えた。  そういえば我が家も夜中に何度も郵便受けに手を突っ込んでガサガサと中を探られたことがあったが、このところその被害がなかった。取り残された郵便物も置き鍵もないのであきらめたのだろうと思っていたが、防犯カメラ設置 24時間作動中の大きな赤いシールが功を奏したに違いない。  


「Go To トラベル」は失政だった

第3波の急拡大は「国民のせい」か GoToにしがみついた政権の姿勢、「気の緩み」招く 11/24(火) 19:02配信

新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを受け、政府は21日の新型コロナ感染症対策本部で「Go To トラベル」事業の運用見直しを決めた。「遅すぎる」ことも、旅行需要の喚起を目的とした施策の変更を3連休の最中に発表したセンスのなさも、ここではあえて繰り返さない。だが、筆者が言いたいのはそれだけではない。菅政権が打ち出した経済対策が、事実上GoTo事業「ほぼ一択」であることに対する、深い失望である。GoTo事業とは「国民を健康被害の恐怖にさらしてまでも、そのポケットマネーに頼って経済活性化を図る」ことであり、つまりは「旅館や飲食店が助かるかどうかは国民の行動にかかっており、助からなくても政府の責任ではない」という「究極の『自助』政策」なのではないか。(ジャーナリスト=尾中香尚里)


この「Go To トラベル」事業は、たしか7月23日の海の日から半ば強行された事業だ。東京は不本意ながら除外されたが、それでも全国的に終息していたわけではない。そのような時期に経済を守る、あるいは夏休みに集客を図って観光業などの経済を立て直すという名目のもとに強行された。その後も各地で感染が拡大するとキャンセル料は国負担をしながらも今までずっと続けていた事業だ。 

旅行代金の35%だったか、国が負担をし、キャンセル料も負担し、その他いろいろな特典をつけて行われた事業だが、その仕組みが複雑でキャンペーンに参加する手続を断念して恩恵を被れない小規模事業者も多かった。結果、それで経済が潤ったのは大手の観光業者だけだった。国民に付与した金額も含めて最初から夜間営業を自粛させた飲食店や小規模の観光業者に対しても付与したほうが公平でよかった。そして緩やかではあっても自粛生活を国民に求めたほうが、これほど感染者数がふえることはなかった。「Go To トラブル」事業にほかならない。  

こんなこと、医療、経済に素人の私がいわなくても当時、各界の識者が指摘していたのに強行したのは政府が経済界にヨイショした政策にすぎなかった。この事業を強行して感染拡大の危険性をふやしてしまった責任は重い。安倍政権の当時から、政府はこうした国民の行動をしばしば「気の緩み」などと表現して、あたかも感染拡大を「国民のせい」といわぬばかりの発言を繰り返してきたが、そもそも「気の緩み」を積極的につくり出してきたのは政権自身の姿勢だという自覚が、余りにも足りない。 

昨今の感染者数の増大を見ると、こうして粛々と生活してきた私たちは、いつまで我慢したらよいのだろう。高齢者は先が短いのにお見舞いに行っても追い返され、友人たちとのささやかな食事やおでかけ  もできずにひっそりと過ごすのにはもうあきた。いっそのことコロナ騒ぎが起きる前に針を戻して普通の生活をしたらどうなるのだろう。   

万が一罹患しても医療従事者の負担が大変だから治療はしない。長く苦しむのは嫌だから望む人には青酸カリを配り、強者だけが生き残るというのはどうよ  

 

トランプ米大統領大型訴訟? 

トランプ米大統領は15日、民主党のバイデン前副大統領が勝利を確実にした大統領選の違憲性を示す「大型訴訟」を近く起こすと、ツイッターに投稿した。


トランプ氏の陣営は選挙結果を巡り提起した複数の訴訟で既に敗訴している。

トランプ氏は自身の陣営が新たな訴訟を提起するかどうかには言及しなかったが、「2020年の選挙の違憲性や、結果を変えるために行われたことへの怒りを示す大型訴訟が近く提起される」とツイートした。 


見苦しい   この一言に尽きる  

トランプ氏の態度がはっきりしないためホワイトハウスが機能していない状態で、喫緊の問題であるコロナ対策が進まず被害者がどんどんふえて取集がつかなくなるだろうとバイデン氏は憂えている。トランプ氏の態度一つで米国民の命がかかっている危機的な状況をどう思っているのだろう。解せない  

 

満天の星 夜更かしは3文の得!!

11月13日未明、ごみ出しのため外に出ると、「きれい 」 と思わず声が出そうな星空が広がっていた。天空から西側の空いっぱいに星がきらめいていた。ごみ集積所にはいつも夜遅く出しに行くが、これほどきれいな星空は見たことがなかった。         

もっとよく見たいと、家に戻って眼鏡をかけてしばし星を眺めた。流星群を観測するとき以外に、これほど星のまたたく空をうっとりしながら見たことはなかった。東側の上空は雲がかかっていて星は見えなかったが、上を見て、西空を見て、こぼれ落ちてきそうな星を独り占めした夜だった。


それに味をしめて先ほど、4時近くに空を見上げたが、少し空が白んできたせいか、昨夜のような満天の星は見られなかった。これからしばらくは午前2時ころは夜空を見上げる日々が続きそうだ。 昨夜のように空から星があふれ出そうな光景をまた見たい。  


マジックの種明かし

人体を二つに切断するとか、丸鋸で横になったアシスタントを切断するとか、ハトを出すとか、ものすごい数の種明かしが満載してある。   次から次へとページを繰る必要があるが、つい時間がたつのも忘れて 「次へ」 をクリックしてしまう。

しかし、余りにもきりがないので続きは後日見るということで、ショートカットのコピーで以下にご紹介しようと思う。いつまでもこの画像が消えませんように……手品ではない  削除されませんようにという意味ですよ。  

まあまあ、お急ぎでない方はじっくりとごらん遊ばせ 


   
https://paid.outbrain.com/network/redir?p=8is_zrGXB0uniWuOiieZHaDBJ_Lxh4S2RkJz8NN_lQJZYVqwtttsEGHJW9XUf-bhlDrVvynJvEgw9e-5ZZjOXh_cc0iMdNJ5CIJv7mxGAxnJ5YgjrFg1T0ep6creJufz9LX-6cKXhrA8VkW-iKdyW5bG5BijU5lYucmlWM4Wuy5S1mdcyTnyirDyQ6OHYxmI1XCkNqWWQlmDIB0S6JflmW4FEUe_KdvhklEqx3JO1S0xpIjdz0Rj9UYcmytQm2HTZsd5N6Pvf2_bTHhUY3_rtOc7DQx4E_VxrPHEkBp8Imq-BTC6txvnr5bA5IeJ-6PLv6lyx1emwyUnEoYoJJGWHFS2Pjl5YHfReWLcdPkG-ZiUXr6CF-RUINFZOEag_T5rrpTkA7pS6w5E5SbGXzzsqKLdGUS139KlSlpE6GW-pUsupgrgzFjXkjwgaAcPY2IqTozIANZfXUJery9kZyw_0sRvg1eCxB6EXOFtdETZiAV-MHCGPUX3wUq67VTUKqtnOzJMmUPd2ORC1n-VKwnU0UmPU0LgBRayliqgII7zlLZ5I19EGPbt5lE4rZw-ARiWILXpwLH5-3khMvGBSwIjFkY1DwsJvE7cX5Imlv7hfZBe0dgp-Ry2HOQVMuYqlQrlVDOwCt-pkCF_RFo5kvS9eyjvM8l3EfpcaNuTtmDtmgb6XEsJae1DYEI23L1IXI1b2d5hFt5ZravoN4m47M1QAZ3xiBMUEZoxa4sQHq3GHaeh0cK-0ZcRXW2ls1IlPJK_aKVpguVMOT7o76zrsBdE0d4qKVaxaiJzuHSu0ZCPzTp0wr2qz1OecEiG2LRBTEESwhQQ5L-qz9V3O8sbXwdvY3fNML73pHobXHacQqo96TZ5CQIv-QlLQnDZpom2Yclsh_DBSOqQbnEF9Qb2LbKE5ok8wFsmjVM1gNHLAWlipQisb-L0iho1hnhI9ael-buocvUL8xpaBK_GCKujN_6HvF6oxPHlZk78a2-vsGfO9E46RKMZDHoKckqSdHZjlE5Xrk0vPyF8UshVIuRQuC3xQjV_RwxIqFxY8YdCTYa3lnrn_Pj9UvDBvn8KL9u2Qf7M9D-roDtrMUImL1Ghb6ORdtL7KQlWtBo5gzJYfp5yQxvQpiNtUGMOsEBC9xNAhADsY7oeqOfYhf14JE9d1jhqzyEUzyKeRaSeWtkljy6orqGOUTqyE66eIic_Ve0HPW7LVL5iGAkHa4lvVOZjB-wTqZsUX0iLMDmdl2x7lrHE2pU1N7vbAMCCEiyjWAK-9ouAVzc1x-Tpnl-L3aDmK5k2eWa-XXaYaAWkhr92kRBC1tR1ntzvaFl8bry2F1aM4Z2a7rTRqMqkVUWRYCNWwx_li0ejAhRrQoaP0-mLhidZOt7BTF64_e1EoCOCuGwN81R-R3g4A0ghkWzrJbYRuP3K8pttEAhbKfjW3x0JM8mWnq0&c=a5aa1ef&v=3 

犯罪ではないような

今月2日の夕方、駅前のATMに行った。先客が2人いたので外で待っている間、足元に真っ赤な血のりがドバっと広範囲にあるのに気がついた。何か赤い木の実が落ちたのかと見上げたが、それらしい木は1本もなかった。奥にいた人が出てきたので入ったが、その足元にも血のようなものが点在していた。気味が悪いので引き落とし用に入金を済ませて早々に駅に向かった。その駅へのエスカレーターの手前に交番もあるのに、特に騒がしくはない。   

電車に乗ってから、前日の夜中かきょう未明にATMを利用していた人が犯罪に巻き込まれたのではないか。外にいた犯人が、お金を振り込んだのか引き出したのか見ていて引き出した人が出てきたときに刃物で執拗に襲ったのではないかと、いろいろ推理してしまった。その割には救急車のけたたましいサイレンは夜中も日中も聞こえなかった。ヤダ、犯人が車で連れ去ったのかしらなどと気になって、野次馬の私は帰宅してからも新聞などを詳細に見たが、それらしい事件はなかった。  

あのまだ生々しい血のりは何だったのだろうか。ATMを利用した人が病気で喀血したのだろうか。それにしてもあの光景を見てだれも道路を掃除はしないのかと不思議に思ったが、翌日(3日)、用事があったので確かめにはいかなかったが、気になる。 

明日、出かけるついでに少し遠回りをして見てこようかしら