体内でバーベキューが始まった

半年以上も前に胸骨を打撲し肩甲骨を捻挫した。その後右腕を上に伸ばすと痛みが出ることはあったが、まあまあ治ったと思っていた。ところが、寒さが日々強まる中で、いわゆる打ち身のけがが痛むようになった。寒くなると痛むのが常だから、暖かくなるまで仕方がないと思ってはいるが、時々激しい痛みに襲われて、上半身の骨が熱を持つ。 

初心者のころにダンスパーティーで足を踏まれて甲が剥離骨折をしたり自転車から転げ落ちて両手首骨折など、自慢にはならないがけがの経験は多々ある。しかし、骨が熱を持つなどということは初めてだ。上半身に熱線が通っているかのように熱くなり、激しい痛みに襲われる。  毎日ではなく、長時間に及ぶというわけでもないのが救いだが、あ、また来たと時々うめく。 

そんなとき、ふと思った。これは骨という熱線でバーベキューをしているのではないか。それが証拠にここにきて3キロ以上、体重が減った。  今までいろいろなダイエットを試しても体重が減ることはなかったのに。 

ダイエットをしているときに、体温が低い人は太りやすいという定説を見つけた。36度ないことも珍しくない私は、無理に食を詰めてダイエットをすることをやめた。この度の “体内でバーベキュー” の状態のときに、低体温の人は脂肪が溶けないからやせにくいということは、こういうことなのだと妙に納得した。定説と実体験でつじつまが合うではないか。  

今後はこれをいいわけにし、体内のあぶらが溶けにくいのだと実証した人間として、大いにいいふらすことにしよう。世の太っている人、体温が低ければ脂肪が溶けないのだから仕方がないのだと大手を振って生きようではないの  

暖かくなったら “打ち身” は余り痛まなくなるに違いない。そうしたら、せっかく “体内でバーベキュー” でやせたのにまた体重が戻るのか  ………………………… 先日、ボランティア活動の仲間との定例会があった。私を見て体調が悪そうねとはいわれたが、だれも 「やせた?」とはいわなかった。   


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

おのじゅん
2020年12月30日 05:11
アイリスさん、おはようございます。コメントありがとうございました。 
また、励ましのガッツ玉もありがとうございます。 

整形外科のお医者さまは、こういう事実をご存じで低体温の人は云々という見解になっているのか、確かめてみたいと思います。 (ウフフ) 

アイリスさんも腰痛持ちなのに毎日歩いて、素敵なお写真を掲載していただきありがとうございます。私が記事をアップしたときにまとめて拝見していますが、植物図鑑を見ているようで楽しいです。無理をなさらずに、続けてください。!(^^)!

来年はもっといろいろな体験ができるようにコロナが下火になるとよいですね。


2020年12月28日 09:28
おのじゅんさん、おはようございます。

私も腰椎の手術したりして、
随分と痛い思いをしていますが、
骨から熱を発するって事は、
いまだに経験したことがありません(>_<)

今年一年、コロナで大変な世の中でしたが、
来年は、いつも通りの一年になります事を願っています。

いつもお立ち寄りいただきありがとうございます。