大学入学共通テスト中に鼻出しマスクで無効

17日までの2日間に1回目の本試験が実施された大学入学共通テストでは、初日に都内の会場でマスクから鼻が出た状態だった受験生1人が、監督者から鼻を覆うよう試験中に6回、さらに休憩時間も注意されたものの正さず、不正行為と認定されて成績が無効になるケースがあった。 

今回の共通テストでは、受験生は会場で正しくマスクを着用することが求められていて、大学入試センターは、「次の注意で無効になる」と告げたあとも応じず、「試験場で監督者などの指示に従わない」という不正行為の要件に該当したと発表している。 関係者によると、この受験生は40代で、監督者の指示に従わなかった際の対応に加えて、最終的には不正を告げられると会場内のトイレに閉じこもり出て来なかったことから、かけつけた警察官によって退去させられたということだ。 

今回のケースを受けて大学入試センターにはマスクの着用をめぐり不安や抗議の声が寄せられているというが、マスクの着用だけでなく、指示に従わなかった際の対応や、カンニング行為に対しての注意もあらかじめ周知されていた。 


それにしても、40代の多分男性が、なぜそれほど反抗的な態度を示したのか。そもそも何のために大学入学共通テストを受験したのか解せない。  少なくとも1年間は大学生になることはないだろうから、ほっとする。大学に入って、出て、教員にでもなったら大変だ。子どもたちにどんな教育をするか、考えただけでぞっとする。他の仕事に就いたとしても、社会の規律に従えない人はどうなるか…… 空恐ろしいことだ。  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント