森喜朗氏の後任会長は

女性蔑視と受け取れる発言をして辞任した東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗氏の後任に、日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏が受諾したと11日午後報道されて、森氏以外に適任者はいないと委員会内部でいわれていたが川渕氏がいたじゃないのと喜んだ。 

しかし、夜、川渕氏は自宅前で記者たちに取り囲まれて「森氏が後方支援するからと説得された」というような話に、それでは森氏と交代しても体質は変わらないとがっかりした。 

しかし、翌12日に一転して辞退することを表明した。組織委員会の武藤事務総長や組織委員長は選考過程を透明にすべきだとして検討委員会を立ち上げた。会長は男女どちらでもよいが、森会長の息がかかった人でなければよいがと思っていた。しかし、17日午後、候補者検討委員会の会合で橋本聖子五輪相に後任候補を一本化したことがわかった。橋本氏は森氏のおかげで議員になった人だ。その人の影響を受けた差配になるのではないかと不安だ。 

橋本氏が大臣の椅子を投げ打ってまで引き受けるかどうかは未定だが、組織委員会も苦し紛れとはいえ最悪のシナリオをつくり上げたものだ。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント