今度はファクス廃止 ?

河野太郎行政改革担当相は13日の記者会見で、霞が関の各省庁で使用しているファクスについて「テレワークの阻害要因の一つになっている。そろそろファクスをやめることを真剣に考えていかなければいけない」と述べ、廃止を目指す考えを明らかにした。時期に関しては「具体的なスケジュール感は何もない」と述べるにとどめた。

河野氏は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、霞が関でも取り組んでいるテレワークに関し「結局ファクスがあるところに担当者が来なければいけないという話がある」と指摘。「メールに切り替えれば、少なくともファクスが原因でテレワークができない部分はなくなる」と強調した。

また各国の大使と面会した際に「自国では博物館に置かれているファクシミリという機械を日本では現役で使っている」と皮肉られたエピソードも披露した。 


これはあくまでも霞が関内部に限った話だろうか。そこをはっきりしてもらいたい。高齢化社会の今、70歳まで雇用するという計画もあるようだが、能力はあってもテレワークってどうやったらよいのだろうとか、メールも、やたらに自分のアドレスを知らせたくないという都合もある。ファクシミリという機械を使っていて何が悪いのと反抗心がメラメラと沸き起こる。  

私は毎年リンゴ農家さんにファクスで注文している。電話など何度かけてもつながらない。あるとき、やっとつながったと思ったら注文を受け付けてくれて、これからはファクスでお願いしますといわれた。総出でリンゴ畑で働いているからだ。朝は早く畑に出て、その分夜は早めに一日の仕事が終わるのだろうと察した。ファクスがお蔵入りになったら営業に困る庶民も大勢いる。 

全く暇な人は次々にいろいろな改革をするものだ。コロナの時代にテレワークは危機を救った。サラリーマンの生活も様変わりした。しかし、テレワークについていけない人もいるに違いない。便利なものは大いに使う。でも、不便と思われるものにも利用価値はある。 

一般庶民にもファクス禁止令  など出たら、私は非常に困る。なぜなら、パソコンのプリンターインクと間違えてファクスのインクリボンを買ってしまって大量に手元にある。しかも “見てからプリント” 機能がついているので、ファクスを受けて印刷することはめったにない。  書類をコピーしたりするのには便利に使っているからいいけどね。 

判こを廃止したのは手をたたいて喜ぶ人もいるだろうけれど、判こ屋さんの仕事を奪ってどうするの  

携帯電話料金を安くしろとかなんとかいってくれたらしいけれど、いろいろな機能及びサービスと抱き合わせで、お得感がないと不満に思う人たちがいる。私はガラケーだから余り関係がないけれど、私の基本料金に比べたらスマホなどの月々の料金が恐ろしく高いこと   私は緊急時とか待ち合わせのときに電話がかけられてメールが打てれば十分と思って、機種をかえたときにもガラケーにした。唯一、道案内の機能があったほうが方向音痴の私には便利だったかと思うが、「あなたにそれが使いこなせる  」と問われれば自信がないから、やはりガラケーで今のとろは不便はない。 

長電話になりそうなときは、相手が 「私はかけ放題だから、かけなおすわね」 と、いって電話を切ってくれるよき友がいる。  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント