嫌なら離党すれば

専業主婦の国民年金切りかえ漏れ問題」について

小沢元代表の党員の資格停止処分に反発して民主党会派に離脱願いを出した16人衆が、衆議院の本会議を欠席した。

そのうちの代表である渡辺浩一郎議員に党執行部は党員資格停止を決めた。もっとわかりやすく、足を引っ張るような党員は要らないといって党を出て行ってもらえばよいのに、数の原理を考えると手放せないのが実情なのだろう。

また、16人衆にしても、執行部のやり方が気に入らないなら会派離脱などという中途半端なことよりも離党すればよいのにと思う。そして新会派の結成を主張しているらしいが、潔く新党を立ち上げたらどうか。


そもそも、小沢さんが国会招致やら何やら説明責任を果たさないことが、現在の民主党の支持率低下の発端になり、党員の間でもごたごたが続いているのに、小沢さんはそのことに何も責任を感じないのだろうか。党をつぶす気  

政治に疎く無党派の私は、いらいらが募るばかりである。

"嫌なら離党すれば" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント