野生のナガコガネグモの日常 平成20年 脱皮の瞬間を目撃

野生のナガコガネグモの日常 平成20年 かくれおびを短時間で半分にするのはなぜ?」について

5月19日

午前10時35分
偶然に脱皮する瞬間を目撃した。水平に張られた糸の下6ミリくらいのところにぶら下がり、ゆっくり回転している。10分ほど見ていたら、くるっと出てきた。すぐにかくれおびの下側につかまって、じっとしている。体長2ミリ。体は黒っぽく、足は透き通っている。殻は台風  の風にあおられて、糸に絡みついている。

きょうは私の誕生日だ。脱皮の一部始終が見られたのは、クモからのすばらしい贈り物  だと、うれしくなった。 

午後1時10分
巣は強風にあおられてぼろぼろだが、脱皮したばかりのクモはじっとしている。夜まで体力を温存しているのか。

午後11時30分
巣が完成した。 


5月20日

午後8時10分
透き通っていた細い足に黒と白の横じまができた。

午後11時20分
1ミリ四方くらいの白い塊が糸に絡んでいた。多分かくれおびをつくるのだろうと見ていたら、その塊を抱えたまま縦糸、横糸と放射状に行ったり来たりして、巣づくりを始めた。かくれおびができる様子はない。

"野生のナガコガネグモの日常 平成20年 脱皮の瞬間を目撃" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント