NHKのど自慢 好印象の男の子

あっという間に大晦日」について

テレビをつけたらNHKでのど自慢大会をやっていた。 

順番を待っている後ろの席の人たちが、体を左右に振りながら応援していた。前列の端にいる男子高校生と思われる学生服の子が照れたように、ぎこちなく体を動かしているのがほほ笑ましかった。

彼は歌い終わって司会者に誰に習ったのかと聞かれて 「おばあちゃん」 と答えた彼は、観客席に向かって 「おばあちゃん」 と呼びかけた。カメラがその姿をとらえるまで、何度も呼びかけて 「おばあちゃん」 が手を振ると、うれしそうだった。

氷川きよしの歌を歌っている人のときには、のりのりで飛び上がって手拍子を打っていた。そうか、ぎこちなく体を動かしていたのは、決して冷めていたわけでも義理で体を動かしていたわけでもなかったのだ。彼にとっては余りなじみのない歌で単にノリが悪かっただけだったのかと気がついた。

残念ながら彼は合格しなかったような気がするが、素直なよい感じの男の子だった。  

"NHKのど自慢 好印象の男の子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント