ふたご座流星群は見られそう !

今夜もオリオン座流星群」について

冬を代表する天体ショー 「ふたご座流星群」 が、ことしも12月14日から15日にかけて見ごろを迎える。観測のピークとなる14日夜の天気は、太平洋側などで晴れの予報となっており、好条件で流星観測を楽しむことができそうだ。  

ウェザーニューズの特設ページ 「ふたご座流星群2014」 によると、出現期間は12月7日~17日ごろ。出現ピークは、14日午後9時。流星観測には、14日の日没後から月が昇る午後11時までの時間帯がお勧めだという。

14日夜の天気はウェザーニューズによると、太平洋側は晴れて、観測には好条件の夜空となりそう。一方、冬型の気圧配置の影響で日本海側は雨や雪が降り、東北 (太平洋側) や東海~京阪神の一部、沖縄などは雲の多い予想となっている。


昨夜、ごみだしのついでに空を見上げたが、流れ星は見つからず、信号が変わって車の通りが激しくなったので恥ずかしいため早々に家に入った。14日は投票日なので忘れずに天体観測  ができる。     

"ふたご座流星群は見られそう !" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント