2歩でもいいから前に進んで

エスカレーターのベルトが新鮮」について

カートを持っていたり膝が痛いときなど、エスカレーターを利用することが多い。

上ったところで前の人が立ちどまると、つんのめりそうになる。私だけならよいが、次々に人が上がってくると将棋倒しになりかねない。 「済みません、前に進んでください。後から人がどんどん来ますから」 というと、ああと気がついて歩いてくれるが、時には不愉快そうににらまれることがある。

上に着いて目当てのホームを探していたり、ほっと一息つきたい気持ちはわかるが、自力で上がったわけではないので、たとえ2歩でも前に進んでからゆっくりしてもらえれば、脇をすり抜けられるのにと思う。上がったその場で立ちどまられると、後の人はどうにもしようがない。 


このような場面に遭遇することが多いが、エスカレーターののぼり口で将棋倒しになったというニュースは聞いたことがない。みんなどうしているのだろう。 

お願いだから百歩譲って  せめて1歩でも前に進んでから行き先のホームを探してもらいたい。 

"2歩でもいいから前に進んで" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント