JRの自動音声 「中の人」

楽しい電車内での居眠り風景」について

まもなく1番線に快速東京行きがまいりますなどと駅で流れる 「自動音声」 の案内放送。首都圏のJR駅では行き先や駅名、時刻などの音源データ計4,000種類を組み合わせ、男女の声で放送する。昨年11月には男性の声の主が交代し 「2代目」 への更新作業が進む。

ほとんどの駅は上りと下りで男女の声を使い分け、列車の接近や到着、出発などを知らせる。臨時列車の運行などでその都度、新語が必要になり、声優は年2~3回、音源を吹き込む。この人のことを 「中の人」 と呼ぶ。 

「今度の1番線の電車は11時10分発、快速東京行きです」 こんな自動音声が流れたときは、ばらばらに吹き込まれた音源データが使われている。「今度の」「1番線の」「電車は」「11時」「10分」「」「快速」「東京行きです」の八つだ。

現在、首都圏のJRで同じ音源が使われているのは、東京、埼玉、神奈川のほぼ全駅と、千葉、栃木、茨城の一部を合わせた計約300駅。それぞれ男女の声優が吹き込んでいる。

これらの駅の自動音声は、1996年から各路線に順次導入された列車の運行管理システム 「ATOS (アトス )」 に連動している。ダイヤに合わせ、自動で音源データが選ばれる。ATOS以前にも、複数の駅で自動音声は流れていたが、JR東日本は 「最初に使われ始めた時期など、正確な記録は残っていない」 とする。

ATOSに連動した自動音声で、男性の声の 「初代」 を務めたのがナレーターの津田英治さん(66)。近鉄電車などでもおなじみの声だ。JR東や所属プロダクション 「大阪テレビタレントビューロー」 によると、昨年11月、年齢による声質の変化により、別の声優と交代した。JRの担当者は 「音源データの組み合わせによっては、放送の最初と最後で異なる声に聞こえるようになった」 と話す。 


今までは駅の案内放送を何げなく聞いていたが、いろいろな人がかかわり、いろいろな技術が投入されていることを知った。確かに放送を聞いていて、急に違うトーンの話し方になったら戸惑うに違いない。今度、暇つぶしにそれらの組み合わせの違いを研究  してみよう。  

"JRの自動音声 「中の人」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント