つり革泥棒

もう二度としない」について

首都圏を走る鉄道で去年11月以降、電車内のつり革が相次いでなくなっていることがわかった。なくなったつり革は3社で少なくとも330本に上るという。

なくなったつり革は、ボルトで固定されたベルト部分もなくなっていたことなどから、警視庁などは何者かが盗んだとみて捜査している。 


つり革を盗んで何に使う のだろう。 自宅で天井からぶら下げて電車ごっこでもしているのだろうか。不思議な泥棒がいるものだ。まさか電車会社  が経費節減のために盗んで、新しい車両につけているとか……。色とりどり、形もいろいろのつり革がぶら下がっていたら怪しい  


実際に、奇をてらって、もしもそんな電車を意図してつくっていたら、私のこの発言は大変失礼なことになるので冗談として受けとめていただきたい。  

"つり革泥棒" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント