羽生結弦 このヘアスタイルのときはいつも成績不振

ついに浅田真央引退」について

フィギュアスケートの世界国別対抗戦第1日 (2017年4月20日 東京・国立代々木競技場東京・国立代々木競技場)


男子SPで83・51点の7位に終わった羽生結弦 (22=ANA) は怒気をはらんだ声で2分50秒を振り返った。

冒頭の4回転ループが1回転になり、4回転サルコーでもバランスを崩してコンビネーションにならず。演技後は天を見上げ 「ごめんなさい」 とつぶやいた。


おじさんぽい横に流したヘアスタイルのときは、いつも失敗する。きょうもダンスから帰宅してスポーツニュースで彼の出番を見ると、またこれだ。   嫌な予感がした。私の勘が当たってショートプログラムが7位だった。

このヘアスタイルはだめだよ。前髪を斜め前に垂らした少年ぽいスタイルにしなければだめ。  だまされたと思って明日、その髪型でやってごらんよ。逆転1位になること間違いない。 

"羽生結弦 このヘアスタイルのときはいつも成績不振" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント