波にさらわれた少年2人をドローンで救助

世界初か、波にさらわれた少年2人をドローンで救助 オーストラリア


オーストラリア・ニューサウスウェールズ(New South Wales)州で18日、荒波にさらわれた少年2人がドローン (小型無人機) による救助活動のおかげで無事助かった。ドローンによる水難救助は世界でも初とみられるという。

オーストラリアでは水難救助にドローンを活用する試みが進められており、各地の海岸でドローン数十機の実用テストが行われている。


少年2人は東部沿岸のレノックスヘッドの沖合で遊泳中、3メートルの波にさらわれた。

目撃者らから通報を受けたライフセーバーはすぐにドローンの操縦士に連絡。直ちに現場海域にドローンが派遣された。ライフセーバーの監督者であるジェイ・シェリダンさんは地元紙ゴールドコースト・ブリテンに対し 「ドローンを現場まで飛ばし (ドローンから) 1~2分で救命用具を投下することができた」 と語った。

シェリダンさんによると、通常ではライフセーバーが救助などを必要としている人の元に到着するまで、もう数分かかるという。

救助された2人はやや疲労が見られるものの、けがなどはないという。  

"波にさらわれた少年2人をドローンで救助" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント