JR東日本が車内に防犯カメラ設置

もう二度としない」について

JR東日本が、今後新たに製造する全て在来線の車内に防犯カメラを設置すると発表した。車内での迷惑行為防止やテロ対策強化などが主な狙いだ。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてセキュリティー強化が加速している。


車内での痴漢やスリなども多発していることだし、防犯カメラの設置について異を唱えるつもりはない。が、しかし  取りつける場所が問題だ。 

1車両に4台のカメラをドア上部の運行情報などを流すディスプレーの横だ。ということは、暇つぶしに画面に映るニュースにくぎづけの私の顔が映るということ  ドア上部を見るときは化粧直しをせねばならない。  

防犯用だから、わざわざカメラに向かっている人間の顔など映さないとは思うが、みんな、気をつけたほうがいいヨ   何に気をつける    

"JR東日本が車内に防犯カメラ設置" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント