イルカの大群が今度は明石海峡に

イルカが川の中 ?」について

兵庫県明石市沖の明石海峡で10日、釣りをしていた自営業の片岡実さん (43) がイルカの大群を見つけ、動画に収めた。明石海峡大橋を背にジャンプする姿や、口笛を吹くと近づいてくる様子をとらえている。

この日朝からヨットで友人2人と釣りをしていた片岡さんがイルカの群れに気づいたのは午後3時ごろ。海面がバシャバシャと波立ち、何かいるのかと近づくと、30~40頭のイルカだった。 

背びれを見せながらゆっくりと泳ぎ、4、5頭が順番にジャンプする姿も。ヨットから口笛を吹くと、5メートルほどの距離まで近づいてきたという。

「40分ほど楽しそうに回遊していた。まさかジャンプシーンまで撮影できるとは」 と片岡さん。

神戸市立須磨海浜水族園に動画を確認してもらったところ、バンドウイルカかミナミバンドウイルカとみられる。バンドウイルカは同園でショーをするイルカと同種で、人なつっこいのが特徴だ。

明石浦漁協 (明石市岬町) の戎本裕明組合長は 「沖に出て漁をしていれば、年に数回は見る光景」 と指摘。 「餌を追って迷い込んだのでは。家族で群れている状態だと、魚を大量に食べてしまうので余り見たくない」 と苦笑いする。 


確かに漁業に従事する人からみれば魚を横取りされるので、苦笑いも出るだろう。でも、大群を見られて、口笛を吹くと寄ってくるなんて、すごくうれしかったことだろう。よかったね。 


   
https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/kobenext/articles/l28/RV=1/RE=1530010174/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cHM6Ly93d3cua29iZS1ucC5jby5qcC9uZXdzL2FrYXNoaS8yMDE4MDYvMDAxMTM0NjY0NC5zaHRtbA--/RS=%5EADA.cUcR_Fxxo0cGsV1Tu2u.l5TdUY-;_ylt=A7dPJyQ.pR9btwgAX6LhmeZ7;_ylu=X3oDMTlyZ29xcGRvBHBvcwMxBHJsX3RpdGxlA.aYjuefs.a1t.WzoeOBq.OCpOODq.OCq.OBruWkp.e.pOOAgOWkp.api.OCkuiDjOOBq.OCuOODo.ODs.ODl.aKq.mcsgRybF91cmwDaHR0cHM6Ly93d3cua29iZS1ucC5jby5qcC9uZXdzL2FrYXNoaS8yMDE4MDYvMDAxMTM0NjY0NC5zaHRtbARzZWMDcmVsYXRlZARzbGsDcGMEdGl0bGUD5piO55.z5rW35bOh44Gr44Kk44Or44Kr44Gu5aSn576k44CA5aSn5qmL44KS6IOM44Gr44K444Oj44Oz44OX44KCBHVybANodHRwczovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTgwNjEyLTAwMDAwMDExLWtvYmVuZXh0LWwyOA-- 

"イルカの大群が今度は明石海峡に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント