テーマ:アメリカンフットボール

前監督、コーチに除名処分

「日大アメフト問題 聞けば聞くほど腹が立つ」について 日大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質なタックル問題で、関東学生連盟が29日に臨時理事会を開いた。同日夜に柿沢優二理事長らが都内で記者会見し、日大の内田正人前監督 (62) と井上奨 (つとむ) 前コーチ (30) について、永久追放に相当する 「除名」 処分にしたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日大アメフト問題 聞けば聞くほど腹が立つ

「日大がまた恥の上塗りをしたらしい」について 昨23日の会見冒頭で内田前監督が3回、続いて井上コーチが3回、それぞれ深々と頭を下げた。 「指示」 を認めて収束に向かうのかと思われたが、最初の質疑で出席者は耳を疑うことになった。 内田前監督は 「信じていただけないとは思いますが、私の指示ではありません」 {%右矢印webry%…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日大がまた恥の上塗りをしたらしい

「「アップで撮らないで」 を無視して選手の顔ばかりのテレビ局」について 24日に記者会見を行うとしていた日大が、急遽会見を開いたらしい。  元監督もコーチも相変わらず自分たちの非は認めようとせず、記者からの相次ぐ質問に司会者の態度の悪さまでコメント欄には非難が相次いでいる。  明日、その模様…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「アップで撮らないで」 を無視して選手の顔ばかりのテレビ局

「アメフト問題 試合を続行させた審判にも責任がある」について アメリカンフットボールの試合で日大DL宮川泰介選手 (20) 選手が関西学院大学の選手を悪質なタックルによって負傷させた問題について、5月22日、反則行為をした宮川選手の記者会見が行われた。 アメフトの反則行為問題で、日大側がのらりくらりと誠意のない態度の中、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アメフト問題 試合を続行させた審判にも責任がある

「伊調選手へのパワハラ問題」について アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦 (6日、東京) で日大の選手が関学大の選手に反則行為となるタックルをして負傷させた問題で、日大を14シーズン率いた内田正人監督の辞任が決まった。  表に出てくるまでに約2週間かかったが、レスリングのパワハラ問題を問われている栄監督が雲隠れした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more