テーマ:反則行為

アメフト問題 試合を続行させた審判にも責任がある

「伊調選手へのパワハラ問題」について アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦 (6日、東京) で日大の選手が関学大の選手に反則行為となるタックルをして負傷させた問題で、日大を14シーズン率いた内田正人監督の辞任が決まった。  表に出てくるまでに約2週間かかったが、レスリングのパワハラ問題を問われている栄監督が雲隠れした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more