テーマ:自民党

長期政権は人材が枯渇する

「同性愛は趣味みたいなもの また自民党議員が」について 大臣の更迭が続いている。今度は桜田義孝五輪相だ。1回や2回の失言ではない。去年から覚え切れないほどの失言や物知らず  を露呈している。  五輪憲章は読んでいないそうだが、それで五輪相が務まると思っているのか、野党でなくとも阿倍首相の任命責任を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

閉店セール 服や物ではなく

「10分の記者会見、最後の最後に辞退だって」について 野党、麻生氏留任に一斉反発=大量初入閣 「閉店セール」 ―内閣改造 野党各党は2日、内閣改造で麻生太郎副総理兼財務相が留任したことに一斉に反発した。 初入閣組の大量起用に関しても 「閉店セール内閣」 (小池晃共産党書記局長) などと批判を強めた。来年の参院選をに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

10分の記者会見、最後の最後に辞退だって

「カジノ法案 また強行採決 」について 9月の自民党総裁選に立候補が取り沙汰されていた、岸田派の岸田文雄政調会長が24日、出馬を見送ることを表明した。  記者会見が始まって5分たっても安倍首相とは考え方の異なる点があり云々と長々述べていたので、秋の総裁選に立候補することにしたというのかと思ったら、安倍首相を支えるほうに回りま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

カジノ法案 また強行採決 

「安倍首相、謙虚なときはあったかしら 」について カジノを中核とする統合型リゾート (IR) 実施法が成立した。 日本人客に対しては、カジノへの週3回までの入場制限や6,000円の入場料徴収などの抑止策を打ち出しているが 「依存症になるのは回数や量の問題ではない」 と、ギャンブル依存症患者や家族の支援に携わるNPO法人 「ホ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

森友文書 財務省は仕事をしている ?

「安倍首相、謙虚なときはあったかしら 」について 森友文書  野党 「解明進んでない」  自民 「泥沼化」 危機感  森友の文書をめぐって参院予算委員会の民進、共産、立憲民主、自由、社民の各党は8日の参院予算委員会を欠席し、攻勢に出た。与党は強引に審議を進めたが、野党を審議に復帰させて国会を正常化するメドは立たず、危機感も広…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相、謙虚なときはあったかしら 

「トランプ大統領 やってはいけないこと」について きょうの読売新聞1面に、記者会見に臨む安倍首相の写真が載っていた。多分質問する記者を指しての場面だと思うが、トランプ大統領と同じように人差し指1本を突き出すような威圧的な光景だ。 上記の トランプ大統領 やってはいけないこと の記事にも書いたように、安倍首相もやってはいけない…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

小泉進次郎氏の疑問 私と同じ !!

「国会でスタンディング・オベーション」について 進次郎氏 「なんで万歳するんですか、合理的理由ない」 衆院解散直後に、なぜ本会議場で解散のときに万歳をしなかったのかと記者団に問われて 「何で万歳するんですか。わかりませんよね。だからしないんです。慣習だからとか、今までやってきたからとか、合理的理由なくやり続けるのは僕は好き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国会でスタンディング・オベーション

「おかしい」 という進次郎氏は正しい」について 28日の安倍首相の所信表明演説中に自民党議員の多くが起立して拍手したことに対し、野党はもちろん公明党からも痛烈な皮肉が相次いだ。 この “スタンディング・オベーション” については、衆議院議員の小泉進次郎氏も 「あれはおかしい」 と批判していた。しかし、話の最後に 「私も思わず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more