テーマ:認知症

認知症の犬と寄り添う猫

「犬をしつける外国人」について 6歳の猫、くうちゃんと、認知症を患う17歳の豆柴、しのちゃん。くうちゃんはしのちゃんが大好きで、添い寝したり、歩くときの支えになったりと心優しい行動に、見ていて心にぐっと刺さる。    しのちゃんの老犬食を、チョイチョイして味見するくうちゃんがかわいい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

認知症の研究者が認知症になって

「寝る姿勢で認知症になる確率が高くなる」について 長谷川和夫 (はせがわ・かずお) 1929年、愛知県生まれ。慈恵医大卒。同大助教授、聖マリアンナ医大教授、同大学長、認知症介護研究・研修東京センター長などを歴任。  認知症の介護研究を進めていた長谷川和夫氏が、みずから認知症になったとの報道に驚いた。 幾ら研究をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝る姿勢で認知症になる確率が高くなる

「加齢は正直」について テレビの “~~家庭の医学” で睡眠の質によって認知症になりやすいという特集をやっていた。  いびきをかくと、呼吸がとまって登山をしている最中のように酸素が脳にいかなくなるそうだ。寝る姿勢で問題が解消されるという実験をして、最終的に抱き枕を使用して横向きに寝るといびきがかきにくくなり、脳への酸素不足も…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

砂川啓介さん 大山のぶ代さん夫婦のように

認知症の妻、大山のぶ代 (83) さんを遺して、11日に尿管がんのため、80歳で死去した俳優、砂川啓介さん。長年連れ添った妻の介護中、病に倒れた無念の死だった。   砂川さん自身、病と闘ってきた。2008年には脳梗塞、13年には初期の胃がんで手術を受けた。大山さんの認知症を公表後の16年4月には尿管がんを発症した。 砂川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の人にもキーホルダーやステッカーがあれば

認知症だけれども、自分で通院ができるし、友人たちと旅行のできる程度の知人がいる。度忘れなど私も何度もしている。だから自分でご主人の入院している病院にお見舞いにも行けるのだから薬の効果はすごいわねという私に、その人を10年も前から知っているもう1人の知人は 「ゆっくりとではあるけれど進んでいる」 と感じているようだ。  その認知症の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症患者の運転免許

75歳以上の高齢者に対する運転免許制度を見直し、認知機能検査の強化を柱とする改正道交法が11日の衆院本会議で、全会一致で可決、成立した。施行は公布から2年以内。厚生労働省によると、2012年に認知症高齢者は462万人おり、25年にはさらにふえ、65歳以上の約5人に1人に上ると推計されている。 検査で認知症の 「おそれがある」 と判…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

認知症かも まさか……

「油揚げ 油揚げ 油揚げ」について 台所に出かけた   すぐ隣の部屋だけれど   真ん中に立って、あれ、何をしに来たのだったかと考え込んだ。一度部屋に戻った。特に用事を思い出せないが、行ったということは何か目的があったに違いないと思うのだが、心当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more