テーマ:日常

エスカレーターのベルトが新鮮

「改札機に負けた」について 立川駅のエスカレーターのベルトが新しくなった。青地に黄色い文字で 「手すりにおつかまりください」 と書いてあり、当然だけれど、そのメッセージが延々と続く。しっかりつかまっているとベルトからはみ出した指がベルトの下に巻き込まれそうな気がして、しっかりつかまらずに軽く上に手を乗せているだけだったが、今度はぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改札機に負けた

「切符の行方」について 私は日ごろ2種類の回数券を利用している。行き先によって間違えないように確かめてから改札機を通るように気をつけているが、きょうは何としたことか  目的地とは違う回数券を改札機に入れるところだった。  行き先が違うと気がついて引き抜こうとしたが、ほんの少し入りかけた回数券を改札…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今どきの若者は …… 蛇口あれこれ

別に若者に苦情を呈する事柄ではない。ただ、水道の蛇口をひねることを知らない若者がいることに時代の急速な流れを感じる。 ある大学で、実験をしているときに学生に 「水を持ってきて」 といってもなかなか水が届かない。再度促す。すると 「水がありません」 「えっ、そこにあるだろう」 「水が出ません」 そこにあるのは蛇口をひねる…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

早くも夜が忙しい

「久しぶりに涼しかったのに」について 夕べは本当に涼しかった。というより、寒かった。  いつものように夏がけとタオルケットをかけて寝たが、寒くて眠るどころではない。ついに、今シーズン初の羽毛布団の出番となった。ただし、まだ中厚だ。 羽毛布団の上に夏がけで 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電車ドアの取っ手は片側だけ

「けなげな矢印」について がら空きの電車に乗っていて、つまらないことに気がついてしまった  両開きのドアなのに、右側だけにしか手をかけるくぼみがない。普通、両開きの戸には、左右対称に取っ手がついているのに電車はなぜ片側にしかないのか。大体、自動ドアなのに取っ手が必要か。故障したときに手であけられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動ドア

「車内での傘の置き場所」について 40年以上前は、自動ドアなどデパートとか、都心の少し高級な店にしかなかった。佐竹式速記 (早稲田式速記をさらに速度が出るようにと佐竹康平先生が発案した) を習っていたころの古い話。 速記の授業が終えて、先生方や仲間と昼食を一緒に食べようという話になった。  {%お茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングへアの効用

「車内での傘の置き場所」について 電車内で、前の挫折に座っている女性が大きく舟をこいでいた。隣に座っている男性が突然自分にどんとぶつかる勢いで女性が倒れ込んだので、驚いて横を見ていた。 その男性がおりた後は、遠慮なく  舟をこぎ続ける。隣はあいたからいっそのこと横になってしまえばといいたいぐらいに熟睡し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

時刻表の出し惜しみ 変じゃない

「けなげな矢印」について 久しぶりに外出したら、ダイヤが改正になっていた。地元は新聞に時刻表が折り込まれてくるし、駅でももらえた。問題は、青梅線、五日市線、八高線、改札は出るが西武線も乗り入れている拝島駅だ。 そこで時刻表を3枚くださいといったら、枚数が少ないのでお1人2枚までとさせていただいていますと、言葉は丁寧だが有無を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路上に針金 いたずらではなく犯罪だ

「ロープ事故」について 2月22日午後10時50分頃、大阪府東大阪市加納の市道で、両端の道路標識を結んで道路上を横切る形で針金 (直径3ミリ) が張られているのを、通りかかった男性が見つけ、110番した。 針金は路面から約1・1メートルの高さにあり、けが人はなかったが、河内署は悪質ないたずらとみて殺人未遂容疑で捜査している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けなげな矢印

「やはり座席は狭くなっていた」について 先ごろ、京浜東北線を利用した。両側のドアの上方に何線とか、行き先とか、停車駅名の一覧が出る。 現在停車している駅名と、次の駅と、次の次の駅と、電車が進むにつれて白い縁取りのされた緑色の矢印が進む。それぞれの駅までの所用時間も表示されている。これは見なれた光景だ。 始発駅から終…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

やはり座席は狭くなっていた

「座席が狭い」について 以前、電車の座席の幅が狭くなったような気がすると書いたが、やはり昔 (30年以上前) より、座席の幅が4センチ狭くなったとテレビでいっていた。昔は座席の幅が47センチあったのに、最近は43センチだという。狭くした理由は聞き逃したのか、特にいっていなかったのか定かでないが、30年以上前よりも体格がよくなってい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

車内での傘の置き場所

「東京タワーの支柱で “歴史を叫ぶ ” !!」について 前の座席に座っていた若い女性の傘が音を立てて床に落ちた。本を読んでいた女性は傘を拾い上げると、座席の真下あたりをごそごそしていた。傘を足で挟むのだろうと思いながら、暇つぶしにさりげなく見ていた。 傘の柄を手首にかけて、また本を読み出した。よくある光景だ。しかし、足元を見…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

花や野菜におみやげ

外出した帰りに、今までは駅から遠かったこともあり、飲み残した飲料水は家が近づくにつれ道端の草木に水やりをして荷物  を軽くしていた。 今度は駅をおりるとすぐ家なので、水を持ち帰ってベランダで留守番をしていた花々や、最近加わったトマトやニラの鉢植えにも均等にまいてやることにした。残り少なく、それがほんの少しであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞の活字の変遷

「古いメモ書き」について 古い書類を整理中、35年も前の新聞が出てきた。当時は今のように検索などできない時代だったから、内閣が改造される都度、新閣僚の顔ぶれの一覧が載った新聞記事を保存していた。 1977年11月29日、福田内閣がスタートしたときの記事を見て、活字がものすごく小さいことに驚いた。新聞の1面が10段組みで、1段…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

古いメモ書き

「異常行動は人間」について 引っ越し荷物を整理していたら、五、六年前のメモ書きが出てきた。いつか実践しようと思いながら、雑多な品々に埋もれていたものだ。 日付は5月29日だが、正確に何年かは不明だ。チラシの裏に書かれたものが残っているということは、日記がわりの手帳にも書き写してはいないと思う。その当時何に興味を持っていたのか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

凍る凍る どこでも凍る

「引っ越し&HAPPYBIRTHDAY&母の日」について 新居用に購入した冷蔵庫の話。 ここ四、五日、冷凍庫内はもちろん、冷蔵部分も、入れた食品はみんな凍った。庫内の温度を弱と中の中間に設定しても凍る。改めて説明書を確かめたが、すべてが冷凍部分だとは書いてない。 電子レンジで温めるにしても、凍っているから時間はかかるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電話の相手に 死ね!

ベンチに座って電車を待っていた。隣には女子高生2人、そのほかにも座っていて、背中合わせのベンチにも何人もの人が腰掛けていた。 ベンチの前を通り過ぎながら電話で話をしている人の内容が聞こえてしまった。すごい剣幕で 「※×○△△~……死ね  」 と叫びながらホームの中央に歩いていった。 女子高生たちの 「孫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お母さん、これ買って !!

「ママー、あれ買ってえ」について 息子が小学3年生になったばかりのころの勘違いの話。 テレビを見ていた息子が 「お母さん、これ買って  」 といった。何と入れ歯洗浄剤のコマーシャルが流れていた。 ははあんと息子の魂胆が読めた。   水につけておくだけできれいに汚れが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ママー、あれ買ってえ

「1歳児の足わざ !!」について 数年前の初夏のころ、デパートに行った。すると、後ろから 「ママー、あれ買ってえ」 と子どもの声がした。このあたりの売り場に子どもが欲しがるものはないはずなのにと思いながら振り返ると、四、五歳の男の子が小走りに母親の後をついてきた。 その子の視線を追って、ははあんと合点がいった。化粧品売り場の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1歳児の足わざ !!

「ご案内終了」について 電車に乗っていたときの話。 向かい側の席に母子3人連れがいた。上の男の子と、ベビーカーに乗ったちょうど1歳かと思われる女の子がいた。暇なのでちらちらと子どもたちの様子を見ていた。 おにぎりを一口ずつ交互に食べさせてもらって、お茶を飲んで、おやつを食べて、またお茶を飲んで、子どもたちが満足すると、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

座席が狭い

「ご案内終了」について 最近は在来線でも新型車両が導入されてきた。車内はきれいで乗降口は広くなったが、そのせいか座席の幅が狭くなったように感じる。普通に腰掛けていても隣の人とひじや腕がぶつかる。隣の人が本を読んだり探し物をしたりすると、その人の手の重みを引き受けるのがつらい。 お互いさまなのだが、ひじが触れないようにするには…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

診察券でお金は出ない

取材が済んで編集長にお礼を述べて帰ろうとすると 「小野口さん、申しわけないけれど、1万円ほどお貸し願えませんか」 私にとっては大金だ。   財布を見ると幸いにあった。 編集長氏の話によると 「今夜は仕事がらみの会合があるので銀行でお金を引き出そうとしたが、何度やってもカードが出てきてしまう。よく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ85歳

昨日、独身時代に勤めていた会社の同期会に出席した。仕事が多忙な時期だったので数日間は睡眠時間4時間で仕事に明け暮れる日々で、今も仕事の合い間に記事を書いているありさまだが、参加してよかった。 50年前に共に仕事をした仲間である。みんな口々に半世紀たったんだよといいながら、変わらないねといいつつ、お互いの顔のしわは見ないことにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご案内終了

「JR南武線 情報不足」について 電車に乗っていると、いろいろな駅で 「ご案内終了」 という駅員の言葉を聞くことが多い。車いす利用者の介助が済んだことを意味する。よい言葉を発明  したものだと感心する。世に浸透したせいもあるが、その短い一言で、いつ電車が発車してもよい状況なのだとわかる。ご案内されている人にも…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

プラスチックは低温に弱い

「非通知の設定は見直したほうがよい」について 2月29日の大雪のときに、積雪量をはかるために20センチのプラスチック製の定規を雪の中に差し込んだ。そのときは気がつかなかったが、数日してその定規を使おうとしたら、湾曲していた。反対側に折り曲げて平らにしようと試みたが、曲がったままだ。  数日間、いつも使用している座布団の下に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非通知の設定は見直したほうがよい

「強盗 いらっしゃいませ」について もう随分前になるが、NTTが固定電話に、番号を非通知にできるというサービスを開始した。非通知に設定すると相手には番号を知られずに電話がかけられるというものだ。何かクレームをつけるときのためかよく理由はわからなかったが、私は非通知にしなかった。どうしても相手に番号を知られたくないときには末尾に18…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

電子レンジに巻き舌で

「「こら」 といってはいけません」について 孫息子に、おなかがすいたから “ジャガイモ” をつくってと所望 された。皮をむいたジャガイモを5ミリ幅くらいにスライスして、ビニール袋に入れてチンして、塩コショウを振るだけの簡単おやつだ。これならパパやママも 「おやつはだめ」 とはいわないだろうとつくったのが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「こら」 といってはいけません

「じゃんけん…… パーしか出せないよ !!」について 姉が、お座りができるようになった長男を連れて夫の実家に里帰りしたときのエピソード。 洗濯機を回しながら座敷にいる長男を見ると、何かを手に持って口の中に入れようとしていた。姉はあわてて手をふきながら長男に向かって 「こらあっ」 と叫んだ。すると驚いて口の中に入れようとしてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

じゃんけん…… パーしか出せないよ !!

「ママをカラスというな !!」について 先週の土曜日、夕食のときに牛乳がなくなって、だれが取りに行くかで息子と孫2人がじゃんけんを始めた。 じゃんけんポン。みんなパーで 「あいこでしょ」  次は息子と孫息子がチョキを出し、孫娘はパーだった。 「はい、○○の負け。牛乳を取っておいで」 「パーしか出せないよ {%泣き顔…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ママをカラスというな !!

「ニンニクの目 !!」について 外出から帰ると、廊下で素っ裸の孫息子がバスタオルをくるくる回していた。 「お風呂に入ったの」 「うん」 「ママも一緒に入った  」 「ママは今入ったところ」 「そう。風邪を引くから早くパジャマを着なさいよ」 そんなことをいっているうちに、もう風呂のふたを閉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more