テーマ:日常

通販の広告はおもしろい ?!

年明け早々の新聞の通販の広告を、ぼうっとした頭で見ていた。紳士物が大半で、あとはゴルフ用品とか私にとって必要のないものばかりだったが、なぜか丹念に見た。   その中の一つ裏フリースパンツの説明の中に 「炊け直し不要…… ストレッチ性素材を試用し、とても動きやすい…… 」とあった。ぼうっと見ていても、気になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白目をむくわ舌は出すわで真逆の決定的ショット

猫好きの人なら誰でも、可愛い一瞬をカメラに収めたいと思っているはず。だからといって気まぐれな猫たちは撮影のために動かずポーズを決めてくれるわけではない。大阪府在住のなるとほぼママさん(@dynamic_ninjya)=30代男性、主夫=は、可愛い姿を撮影しようとシャッターを切ったところ、お世辞にも可愛いとはいえない、とんだ一瞬を撮ってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ記事をアップして読めるのか

きょうは9月3日だけれど、まだこのページは開けて、記事も書ける。仕組みがよくわからない。しかし、書けるのなら時間があるときにアップしてみよう。年内は大丈夫なのだろうか。  amebloが大分なれてきたが、まだまだ未知数のところが、多い。これだって、7月から大幅に変わってやりにくいが、掛けるのなら何でも書いてしまおう。まさかアップで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダメージパンツ

ダメージパンツというのだろうか、数年前からボロボロのジーパン等をはいている若者を見かける。 今日もこれ以上破けたらパンツの役は果たせないだろうというくらいの “ぼろ” をはいている人がいた。時代は変わった   私が子どもの頃、転んでほんのちょっとすり切れた膝の穴を母が目立たないように繕ってくれたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生、救助訓練のつもりか

駅のすぐ近くの歩道際で、小学生の男の子が倒れていた。友だちが介抱する様子がみえ、胸のあたりを押していた。気分が悪いのかと思って歩を進めながら様子を見守った。救急車を呼んだほうがよいのかと考え事をしていたら左折してきた車にクラクションを鳴らされて我に返った。  車を見送って子どもたちのそばに行ったが、どうも “遊び” だったようだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何につまづいたの

先日病院に行ったとき、廊下の待合椅子に座って待っていた。治療を終えたお年寄りが目の前の入り口から出てきた。  突然前のめりになって転びかけた。思わず中腰になってその人の左腕を支え、私の横に座っていた男性が抱きかかえた。  その後、支払い手続のために2人は受付に向かった。向かいながら、多分息子らしい男性が 「何につまづいたの」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逮捕は懲罰の先取りではない

被疑者の身柄拘束について、メディアはもっと丁寧な取材・報道を!~池袋母子死亡交通事故などから考える  江川紹子 ( ジャーナリスト) さんの考察から 5/20(月) 20:41   東京・池袋で母子2人が死亡した交通事故で、暴走した車を運転していた87歳の男性を 「逮捕しろ」 という声が、ネット上では今なおやまない。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12年で木が看板をほぼ飲み込んだ !!

「コウノトリのために送電せず」について ゆっくりと年月をかけ成長していく木。 そんな木が “看板” を徐々に飲み込んでいく様子を、12年前と現在を比較して見せた写真が5月11日に投稿され、5万超のいいね!がつく話題になっている。 (5月15日現在) まずはそのツイートをご覧頂きたい。 「寄居町の林道馬騎ノ内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウノトリのために送電せず

「ガチョウにもクラクションを鳴らさない運転手を見習え」について 4月下旬、国の特別天然記念物 「コウノトリ」 のカップルが、福井県坂井市内の高さ14メートルの電柱に巣をつくった。 「巣を残してほしい」 という周辺住民の声を受けて、北陸電力は4月23日、集落一帯を一時停電にして、この電柱の電線に送電されないようにした。 北陸電…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

子宮が二つあった !!

「胎児の中に胎児 !!」について バングラデシュで、1人目の子どもを早産した女性が、26日後に健康な双子を出産し、医師らを驚かせるという出来事があった。 同国南西部ジョソール (Jessore) 県在住のアリファ・スルタナさん (20) は先月、クルナ (Khulna) 医科大学病院で男児を問題なく出産。だが実は、スルタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胎児の中に胎児 !!

「父親への愛想笑い」について 50万人に1人の確率で発生するとされる非常に稀な先天性奇形 「封入奇形胎児(胎児内胎児)」。 このほどコロンビアで、母親のお腹に宿った胎児がその症状を抱えていることを専門医が発見した。『The New York Times』『The Sun』などが伝えている。  コロンビアで2月22日、モニカ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自分のしっぽに挟まったおもちゃ探す犬

「ちくわ犬 !?」について なぜかしっぽのところに挟まったピンクのおもちゃを探す白い柴犬。まるで 「なぜ気がつかないの?」 といいたそうに、冷静におもちゃを見つめる柴犬2匹の視線が笑える。    頭の上にめがねをずらしているのに必死になって部屋じゅうを探しいる人いるよね {%びっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僧侶が運転するときの服装

「交通事故死は突然に」について 各地の僧侶が僧衣でバック転や縄跳びなどを披露し、柔軟な動きができることを伝える動画もインターネット上に登場し、話題となっている。 ははーん、これは昨年、男性僧侶が反則切符を切られたことに対する抗議運動だとピンときた。    男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓の結露を防ぐ方法

「冷え切った体をすぐに温める方法」について 寒い季節になると、部屋の窓ガラスに発生しやすくなる結露。カーテンが濡れたりと、カビの温床になることもある。そんなとき、家庭にある食器用洗剤を使うことで、簡単に結露を防ぐことができるそうだ。  用意するもの  バケツ等の容器  水1リットル 食器洗い用洗剤 50から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもと縫いぐるみ

「父親への愛想笑い」について 電車の中で、5歳くらいの子どもがリュックを抱えて居眠りをしていた。連休なので一家でお出かけなのだと漠然とその子を眺めていて、ふと気がついた。リュックの口からカワウソが顔をのぞかせていた。思わず二度見した。    まさかと思いつつも、本物に見える。途中で目をさました男の子は、いとおしそうに “カワウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故死は突然に

「高速バス道間違え、夜の山道で立ち往生」について 横浜でバスの運転手が一時気を失ったとかいう事故で、高校生が死亡した。母親も一緒だったが軽症で済んだそうだが、何が起こるかわからないし、座った場所で運命が大きく変わる。  おととい乗ったタクシーが左側から出てきた乗用車に追突されそうになった。減速してク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いっきゅうさん改めいっきゅうぱっ

「女子高生がスマホケースを商品化」について 最近テレビコマーシャルで 「いっきゅうさん」 と連呼していた。料金の話なので、当然1,930円かと思ったが、何度目を凝らしても 「1980」 と書いてあった。 8の左側があいているはずなのにいよいよ視力が落ちたかと思い、めがねをかけて確かめても1,980だった。それではこの数字及び連呼の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速バス道間違え、夜の山道で立ち往生

8月26日の日曜日、白浜から大阪に向かっていた高速バスが渋滞を避けようとして山道に入り、車体を岩にこするなどして立ち往生していたことがわかった。道の脇には崖があり、あわや転落という事態に、乗り合わせた乗客が恐怖の瞬間を語った。  「高速バス道間違えたみたいで山で遭難中。怖いよーどこだよここ(泣)」 (乗客のツイート) 26日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女子高生がスマホケースを商品化

女子高生が欲しい機能を詰め込んだスマホケースが、予想以上に便利だと話題になっている。背面のメガホンはスタンド機能も果たすため、大人数でも快適に動画を見られる仕様。さらに持ち手にもなるし、イヤホンを巻きつけることもできるし……とても高機能だ。 (提供元:日テレNEWS24)      
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

以前両親が住んでいた家に上がりこんで居眠り

「父親への愛想笑い」について 酔っ払った男性が、かつて両親が住んでいた家で居眠りして今の住人を驚かせる (英) 楽しい仲間と飲んだ後、男性の記憶は飛んでしまったようだ。このほど英スコットランドで、酔っ払った男性が自宅ではなく両親が以前に住んでいた家に上がり込み、今の住人を驚かせるという出来事が起こった。『Metro』など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父親への愛想笑い

「幼子の感性」について お父さんが何かをいうたびに大爆笑する赤ちゃん。しかし、お父さんの声がしなくなるとピタリと笑い声はとまる。まるではしゃぎ過ぎたお父さんにつき合って笑ってあげているようにも見える。   ただ、赤ちゃんの右手首が幅の広いベルトで椅子にくくりつけられているのが気になる。まるで手錠のようだ。 {%涙docomo…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

靴の下取り 両足そろえてお持ちください

「お母さん、これ買って !!」について 過日、靴屋さんの大判のチラシを何気なく見ていると 「靴の下取り1足につき200円」 というコーナーがあった。 チラシに載っているのはスニーカーやゴムのサンダル系の品々なので、たたんで始末しようと思ったが、下取り云々の文字の下に両足揃えてお持ちくださいとあった。 {%exclamatio…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピード違反で捕まったときの一言

「あわや人身事故」について 警察官が感心したというスピード違反者の一言  原付バイクを運転中にスピード違反で警察にとめられたお笑い芸人・ソラシドの本坊。すると警察官に謝罪やいい逃れをするわけでもなく、意外なことを口にしたところ、警察官はとても感心してくれたそうで……。  その一言とは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

亀のような食べ方

「カニのような食べ方 !!」について 食事をしようと友人と店に入った。お料理を待つ間、友人のケータイが鳴った。外から戻った友人が 「全くもうやんなっちゃう。1軒目になかったら違う店に行けばよいのに。融通がきかないんだから。本当に一緒にいるのが嫌になった」 と怒りがおさまらない。 老猫のえさを買っておいてと頼んだら、近くの店に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カニのような食べ方 !!

「私は見たⅣ 電車内で炊飯」について 右手に箸、左手にレンゲを持ってラーメンを食べる夫がまるでカニのようだという 「トピ主」 さん。何度注意しても直さず、最近、子どもがまねをするようになったといいます。そこで、発言小町に 「カニのような食べ方は気になりますか?」 と問いかけました。  ラーメン屋さんでは麺類を注文すると、だい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人が電車に アワワ !!

「紛らわしい昨今」について 夜、帰宅途中の電車の中で、マジ驚いた。  フフ、たまには若者言葉を使ってみましょ。   まばらに立っている人たちの先のほうに、何やら青い光が  よく見ようと思ったら、消えてしまった。 気になって気になって、それとなくその方向を見続けていると、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爪は考えている !!

爪の先が割れたのを防ぐためと、ダンスでちょっとカワイイ  ために、しばらく前からマニキュアをしている。だんだん図々しくなって濃い目のピンクにラメの入ったものなど、エスカレートしている昨今だ。  爪が伸びると生え際に白い半月型のものが出てくる。ラメが入ったマニキュアはなかなか落ちにくいので、爪が伸びても白い半月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパス歩き !!

今月6日、テレビ東京 「チマタの噺」 に出演していた堤真一氏の “コンパス歩き” の話がおもしろかった。 熊野古道を登っていて、途中で引き返そうと思ったら下りは昔傷めた膝に激痛が走って立ち往生した。上るも地獄、下りるも地獄で、それでも何とか帰らねばならない。そこで考えたのが “コンパス歩き” だそうだ。調べても、その歩き方はなさそ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

幼子の感性

「1歳児の足わざ !!」について 今月14日の 「読売歌壇」 に、足のしびれを初めて経験した幼子が 「あしがばらばら雨が降ってる」 と表現したという短歌が載っていた。  足のしびれ初めて知りし幼子は「あしがばらばら雨がふつてる」   これを読んで、何と上手な表現をする子ども…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

当日券でも払い戻しができる

「改札機に負けた」について きょう、友だちと待ち合わせて、別の友だちのところに行く予定だった。   当日、切符を買うために早起きしないで済むように、おととい出かけたついでに早めに 「休日おでかけパス」 を購入した。その数分後、一緒に行く予定だった友だちから急病で行けなくなったとの電話がかかってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more