テーマ:長谷川和夫

認知症の研究者が認知症になって

「寝る姿勢で認知症になる確率が高くなる」について 長谷川和夫 (はせがわ・かずお) 1929年、愛知県生まれ。慈恵医大卒。同大助教授、聖マリアンナ医大教授、同大学長、認知症介護研究・研修東京センター長などを歴任。  認知症の介護研究を進めていた長谷川和夫氏が、みずから認知症になったとの報道に驚いた。 幾ら研究をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more